www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
Ke$ha
いまどきの洋楽を聴かなくなって随分経ちますが、ベストヒットUSAだけは高校生の頃見ていたあの感じがとても懐かしく、なんとなく見続けています。でもいまの全米チャートは日本のチャート以上につまらない。似たような曲調、似たような歌い回しの歌手ばかりで、僕の琴線に触れる楽曲はほとんどありません。・・・が、一曲だけ、妙に惹かれる曲がありました。



なんだろ。こんな育ちの悪そうな白人の女の子に、なんでこんなに惹かれるんだろ。と思っているうちにアルバムが出たので、買って確かめてみることにしました。最新洋楽CDなんてどんだけぶりでしょう。ワクワク。

100609_kesha.jpg
KESHA/ANIMAL

最初の数曲は『Tik Tok』と同じようなアレンジばかり続くので、なんだ、ワンパターンかよ、と思ったんですが、後半に進むにしたがってメロディとアレンジとヴォーカルのバリエーションがどんどん増えていく。なかなか面白いアルバムです。歌うまい。表現力抜群。声質がツボ。これは当たりですね?。

でもこの聴き心地、前にもどっかで感じたことあるなー・・・。
・・・・・
・・・・・
・・・・・

よくよく考えてみたら、昔コカコーラのCM見て買っちゃったあのアルバムでした。

100609_benniek.jpg
BENNIE K/Japana-rhythm

あ?、なるほど。僕、こういう声の、こういう音楽の・・・好きなんですね。単純に。



そして、さらにもうひとつ、思い出したのが・・・

100609_cyndi.jpg
CYNDI RAUPER/She's So Unusual

高校生の頃、まさにベストヒットUSAで見て、聴いていたシンディーローパーさん。なんで心惹かれたのかがよーくわかりました。でもケシャ聴いてシンディ思い出すなんて僕ぐらいですかね。いや、このキレた感じ、ワルぶってる感じ、青臭くてハッピーな感じ、同世代の音楽好きの方にはきっとご理解いただけると思うんですが・・・( ̄▽ ̄;)

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/739-6048a5cc
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。