FC2ブログ
www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


カスタマーサポート
Windows XP SP1のサポートが10月10日に終わるらしい。
SP1ってたった1世代前のOSでしょ。しかももうすぐVistaが出ようかっていうタイミング。パソコンにベタ付けで穴だらけのOS売っておいて、新OSが2年経ったからセキュリティサポート打ち切り、代わりにあと2年ちょっとしかサポートされないSP2を強制するなんて、ユーザーを馬鹿にしすぎてやしませんか?

そもそも日本のパソコンユーザーの多くがセキュリティ更新プログラムの意味すらよくわかっていない人たちなんだから、そういう人に売るんだったら、もっと細やかなサポートをすべきだと常々思っていた。ちゃんとした説明もせずに売りっぱなしで、次のOSも出ないのに2年経ったからサポート打ち切りってあまりに無責任じゃないか? これとくらべたら、3世代前の10.0までサポートしているアップルはまだマシというか、ずいぶんまともな会社のような気がしてくる。



話は変わるが、先日KDDIから「メタルプラスネットDION ADSLをご利用中のお客様へのお詫びとお願い」という通知が届いた。モデム用のACアダプタに破損の危険性があるので代替品に無料交換するというもの。案内はまずメールで届き、さらに翌日封書でも届いた。代替品の準備ができたらまた後日送られてくるそうだ。

こちらは逆にちょっとやりすぎでは? メール一本入れてくれたら、あとは代替品送ってくれれば十分だ。ネット接続している人が対象なんだから、わざわざ封書まで送ってくれなくても・・・。その費用はきっとKDDIじゃなくてメーカーが負担するのだろう。自社の責任とはいえ、代替品発送するだけでも大変なのに、無駄な郵送費まで持たされるのはかわいそうな気がする。そういうお金はできれば値下げとかサービス向上とか社会貢献活動とかに使っていただきたい。


世の中にはいろんな人や会社のいろんな考え方があるので、これが正解ということはいえないのだけど、なんかどっちもズレてる気がする。そう感じるのはたぶん基準がユーザーではなく企業の利益にあるからだろう。ちゃんとユーザーを見ている企業だけが最後には生き残る。・・・という世の中であってほしいものだが、はたして。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/72-fa317706
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP