www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
山ちゃん
手羽先のではなくて、声優&タレントの山寺宏一さんの話。
ニコニコ動画で山ちゃんのアテレコシーンを集めた動画を見つけた。



登録してない方ごめんなさい。

知らないアニメがいっぱいありましたが、いや?、改めて山ちゃんの百面相ヴォイスに感服しました。この人のスゴイのは、声色が変わるだけじゃなくて完全に人格(まさにキャラクター)が変わっちゃうところ。同じイケメンヴォイスでも、キャラクターの年齢や性格によって喋り方がぜんぜん違うし、ちょい役のアナウンサーとかでもしっかりキャラ作りしてるし。ここまで芝居ができる声優さんって、他になかなか見つからない。

最近は大作アニメというと、キャスティングされるのは俳優さんやタレントさんばかり。そんな中、山ちゃんだけは確実にお呼びがかかるのは、この「声の演技力」がダントツだからなんでしょうね。テレビで見る山ちゃんはそんなにオーラを発してるようには感じませんが、収録中はきっと別のスイッチが入ってるんだろうな?。現場見てみたい!

*   *   *

BShiで6/20に放送された『恋に落ちたコロンボ』。犯人役はなんとフェイ・ダナウェイさんでした。格好良くて美しくて気さくでセクシーで気品があって、登場するだけで場面が締まること。ストーリーも面白く、個人的にあまり好きじゃない"新コロンボ"の中でこの作品は別格です。

で、そのフェイ・ダナウェイさんの声(日本語)が、まるで本人が喋っているのかと思うほど見事にはまっていて、いったいどなたがアテレコしていらっしゃるのかと思ったら、エンディングの字幕に「高畑淳子」の文字が・・・えー!?声優の仕事なんかしてたんですか!?

たぶん1990年代、40歳前後のお仕事だと思うんですが、これがまた素っ晴らしいんですよ。完全にフェイ・ダナウェイが乗り移った高畑さんの声の芝居。女優だからこそできる表現力なんでしょうねー。言葉では説明しようもありませんので、機会があったらこちらもぜひご覧くださいませ。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/643-33a60f40
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。