www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


プロ
先週末『刑事一代』というスペシャルドラマが放映されました。数々の大事件を担当してきた平塚八兵衛さんの物語。主演が渡辺謙さんとあっては見逃す手はない!・・・と思っていたのですが、休日返上で仕事をしているうちにすっかり忘れていました。ははは・・・( ̄▽ ̄;)

捜査が行き詰まると招聘され、それまで誰も思いつかなかった発想や勘を頼りに事件を徹底的に洗い直し解決に導いてしまうという、映画の主人公を地で行くスーパー刑事。なんていうと派手な感じですが、実際は無駄とも思える捜査にも手を抜かず、地味な仕事を最後までやり抜くプロ中のプロだったとか。

こういう方が最高峰で指揮を執るようなしくみにできていたら、日本の警察はさぞかし優秀になっていたことでしょう。犯罪者と同じぐらいに、部下となる警察官のみなさんも恐怖におののくことになり、警察官の数が激減していたかもしれませんが・・・。

プロの仕事を見ると、自分も頑張らねばという気持ちにさせられます。このところどうも仕事に対する粘りが足りなくなっている気がするので、自らを叱咤するためにも見たかったんですけどねぇ。再放送あるかなぁ・・・?

8ペンス --

すみません、僕は二日間ちゃっかり見てしまいました。
落としの八兵衛は警察界ではカリスマ的な反面、強引な捜査に批判もあったようですが、ドラマは幾分美化している部分を差し引いたとしても、「刑事には0点か100点しかない」というストイックさには感動しました。
「○○である前に人間だ」とよく公務員の方が言い訳に使う言葉があるけれど、八兵衛にはそんな気持ちが全然ないんですよね。
良いドラマでした。


snappi --

ご覧になってましたか~>8ペンスさん
コメントありがとうございます!

プロに徹するというのは大変なことですよね~。
でも「公務員である前に人間だ」と思っている人には、
公務員はやってほしくない。政治家や医者や学校の先生も。
かくいう僕も「人間力=仕事力」だと気づいたのは最近なんですけどね。
昔は「サラリーマンである前に人間だ」と思ってました(苦笑)


▲TOP
この記事に対するコメント

すみません、僕は二日間ちゃっかり見てしまいました。
落としの八兵衛は警察界ではカリスマ的な反面、強引な捜査に批判もあったようですが、ドラマは幾分美化している部分を差し引いたとしても、「刑事には0点か100点しかない」というストイックさには感動しました。
「○○である前に人間だ」とよく公務員の方が言い訳に使う言葉があるけれど、八兵衛にはそんな気持ちが全然ないんですよね。
良いドラマでした。
【2009/06/23 09:02】 URL | 8ペンス #- [編集]


ご覧になってましたか~>8ペンスさん
コメントありがとうございます!

プロに徹するというのは大変なことですよね~。
でも「公務員である前に人間だ」と思っている人には、
公務員はやってほしくない。政治家や医者や学校の先生も。
かくいう僕も「人間力=仕事力」だと気づいたのは最近なんですけどね。
昔は「サラリーマンである前に人間だ」と思ってました(苦笑)
【2009/06/23 09:17】 URL | snappi #I4DUBegY [編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/642-73963140
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP