www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
パサくんRCA化計画(その2)
自動車に乗り始めてかれこれ20年。若い頃オーディオマニアだったこともあって「どうせ車でいい音なんか聴けやしない」と思っていた僕は、これまで一度もカーオーディオをいじったことがありませんでした。それでもAV機器の配線は大好きなので、ヘッドユニットを換えるぐらいワケないと思っていたんですが・・・いやいやどうして。なかなかの難関でした。

CDF-RR1を落札したときにはすっかり忘れてたんですが、B3パサートの純正スピーカーはちょっと特殊な設計。デッキからの音声出力はいったん左右のアンプ内蔵ドアスピーカーに接続され、そこからフロント・リアスピーカーへと配線されているんです。配線が各スピーカーに直接つながっていないので、簡単にポン付けというわけにはいかないという話を以前お仲間から伺っていたんですよね。あちゃー・・・( ̄▽ ̄;)

しかもパサくんはスピーカー配線用のコネクタも特殊らしい。当時の欧州車の純正デッキは背面パネルが10ピン・8ピン・8ピンの3段に統一されており、ほとんどの車種は下2段の8ピンコネクタを使っているようですが、パサくんのスピーカー配線はなぜか1段目の10ピンコネクタを使ってるんですよね。ま、コネクタをカットして直結すればいい話なんですけどね・・・。

スピーカーと電源ラインの配列についてはうちのBBSで、5年も前に詳しい報告をいただいていました(0120さん感謝!)。当時は自分とは無縁の情報と思っていたのに、まさか今頃お世話になるとは・・・。BBSの情報+ALPINEB4バラシ情報、さらには英語のサービスマニュアルを参照しながら実物と照らし合わせ、配列を概ね把握。

しかし、いざ接続してみると・・・
081030_speaker.jpg

1本にまとめられてしまっているマイナス端子の処理に大困惑!

BBSの富山の男さん曰く「社外品の?の配線を纏めてGRDに繋いでいる」ということなので真似してみましたが、全く音が出ない。どうやらドアスピーカーの内蔵アンプがボディアースされているために、CDF-RR1の保護回路が反応している様子。0120さんに習ってマイナス配線をすべて外してみても、音が出るには出るんですがスピーカーから高周波ノイズが出まくり。うーん、困ったゾ・・・。

ちょっといじってみてはあきらめ、またいじってみてはあきらめ、と二日間を過ごした末にようやく思いついたのが、スピーカー側のマイナス配線をボディアースしてやるという方法。これが大正解で、耳障りだったノイズがぴたりと止まりました。車に詳しい人ならすぐに気づいたかもしれませんけどね・・・( ̄▽ ̄;)デッキ側のマイナス配線はそのまま宙ぶらりんで大丈夫でした。

取付金具については近所のオートバックスさんに相談の上、同じ4つ穴方式だった当時のゴルフ用取付キットKG-92DXを購入。金具とアンテナアダプタはそのまま流用できました。電源配線も同じ8ピンなのでそのまま使えるかと思ったら、アンプリモートが必要な13番に配線がありませんでした。使わない17番の赤ケーブルを外し、13番に移動してこれも流用することに。
081030_dengen.jpg
 ↑KG-92DXの電源配線         ↑パサくんの電源配線

*   *   *

あとはCDF-RR1の説明書通りにスピーカーと電源ラインをつなぐだけ。iPod用ケーブルBI-CAR605にも電源を引っ張って、RCAケーブルをCDF-RR1に接続すれば、パサくんのiPod・RCA入力化計画は見事完了です。パチパチパチ・・・ ( ̄▽ ̄)/

肝心の音の方もなかなかよい感じです。音の輪郭が柔らかく滑らかになり、表現がより繊細に。最初はちょっと弱々しい感じもしましたが、たぶんいままでの音が乱暴だったんですね。埋もれがちだった小さなパーカッションの音もクリアになり、よりピュアでリアルな音楽を楽しめるようになりました。思い切ってヘッドユニットを変えてよかったと思います。

*   *   *

そしてこのあと、さらにもうひと手間かけてみました。今頃誰の役に立つとも思えないこんな話題を長々と書いて申し訳ないんですが、まあ、記録を兼ねたいつもの報告ということで、あと少しだけおつきあいを m(_ _)m(さらにつづく)

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/534-32e9fd74
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。