www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
車道か、歩道か。
最近車で走っていてとても気になるのが自転車。車道を走る自転車がこのところやたら目立つようになった気が・・・。3車線の車道のはしっこをママチャリがふらふら走っていたり、中には車道を右側走行してるのもいる。そういえば6月に道路交通法が改正されて、自転車がどうとか言ってたなー・・・。普段自転車に乗らないのであまり興味がなかったんですが、改めて6月の道交法改正を確認してみることにしました。

調べてみてびっくりしたのは、6月の改正は決して「自転車は車道を走れ」というものではなかったということ。警察庁の関連ページによれば、もともとはそういう法律だったのが、それじゃやっぱり危ないということで「車道又は交通の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため歩道を通行することがやむを得ないと認められるときには歩道を通行することができる」というふうに変えたのが、今回の改正だったんですね。

でも周りの人に話を聞くとやっぱり「自転車は車道を走らなくちゃいけないことになった」と思っている人がいっぱいいる。どうも改正の主旨がちゃんと伝わっていない様子です。法改正のニュースを聞いて「自転車は歩道じゃなくて車道が原則」ということを初めて知った驚きとともに、そのことばかりが強く印象づけられて広まってしまったんじゃないでしょうかね。

自転車の安全を確保するための法改正が原因で、逆に自転車を危険にさらすことになってしまったゆゆしき自体を、警察はどれくらい把握しているんでしょうか。このまま車道を走る自転車が増え続けたら、間違いなく事故は増えると思います。本当に危ない自転車がいっぱいいるんです。こんなとこにごちゃごちゃ書くより、直接警察に投書した方がいいのかなー・・・?

道路交通法の内容を僕なりに平たく解釈するなら、「自転車に乗るときは、自分が一番安全だと思う方法で、歩行者の安全に配慮して走りなさい」ということじゃないかと思います。あやふやな情報や噂を鵜呑みにして混雑する車道を走ったり、ましてや車道の右側を走るよりは、その方がずっと常識的ではないかと。歩道をゆっくり安全に走っている自転車に物申すとんちんかんポリスメンはきっといないと思います。そう信じたいです・・・( ̄▽ ̄;)

ずんべ -ちょっと違うような気がしますが…-

ご無沙汰しております。
ずんべです。

道路交通法が改正された結果、以前よりも歩道を走らなければならない状況は増えたと思います。
しかしながら、「自転車は歩道を走るべきもの」とされたわけではないと思います。

「自転車は車道を走る」が原則であるのは、今も昔も同じです。
ただ、「自転車は歩道を走るもの」という誤った意識が定着してしまっているだけです。
これは、その昔、モータリゼーションが進んだときに、本来車道を走るべき自転車を歩道に追い出し、法律との矛盾を放置し続けた結果、「自転車は歩道を走るべきもの」という、法律の趣旨と異なる、誤った意識が定着してしまったのだと思います。

そもそも車道は、自動車、原付、軽車両(自転車など)が「共存して走らなければならない空間」ですので、速度の違い、動きの違いがあっても、お互いが譲り合って使わなければならないものであるはずです。
自動車と車、自動車と原付という図式は、自動車と原付という図式と何ら変わりはありません。
お互いに譲り合って共存して走るべきものだと思います。

自動車、原付、軽車両は、本来、車道を走るべき車両であって、車道を走ったからと言って「危険になる」という考え方は違うと思います。
自転車が歩道を走ることで危険だと言う理屈であれば、自転車が歩道を走ることで、歩行者が危険に晒されているという事実を考える必要があると思います。

現実に法律が守られていないという事実はありますが、自転車は車両ですから、本来、歩道を走るべきものではありません。
今回の改正においても、自転車は歩道を走るべきものと定められたのでもありません。
今も昔も、自転車は車道が原則で、歩道は例外です。
ただ、昔からの名残で、「自転車は歩道を走るべきもの」という誤った意識が定着してしまった結果、現在のイビツな問題になっているのだと思います。

もう一点、大きな誤解があると思いますので、ちょっと書かせていただきますと、「歩道を自転車で走行することができる」と「歩道を走らなければならない」は、まったく意味が違います。
この間違いは、「青信号は進め」と解釈しているのと同じくらいの間違いです。青信号の正しい解釈は「青信号は進んでもよい」ですね。
「進め」と「進んでもよい」は、まったく意味が違います。
同様に、「走れ」と「走ってもよい」は、まったく意味が違います。
道路交通法では、「例外として歩道を走ってもよい」とはされていますが、「歩道を走れ」とはされていません。
従って、「自転車は歩道を走らなければならない」という解釈は、間違いであると思います。


snappi --

うむむむむ。>ずんべさん
すみません。僕の文章が下手くそでしたね。
自転車が歩道を走るべきと書いたつもりはなかったのですけど・・・( ̄▽ ̄;)
「自転車は車道が原則」であるのはもちろんです。
ただむやみに車道を走るのは危険な場合もあり、
車道か歩道かは、状況を見極める必要があると思うのです。

僕が言いたかったのは、
「車道が原則ではあるけれど、それにこだわらず、
 一番安全だと思う方法を見極めて走るように。」
というのが、6月の法改正の主旨ではないかということです。
でもそう伝わっていない現実を感じているということです。
歩行者の安全に配慮するのは言わずもがな。
車道を走って安全であれば、それで何も問題はないのですけど。


ずんべ -安全に走ることが第一ですね-

すみません、週末はこどもと遊びまわっておりまして、ネットにアクセスできませんでした。m(__)m

そうですね、安全に走るという事は大切ですね。
ずんべも、なんやかんやととコメントを書かせて頂きましたが、こどもを乗せて走るときは、やはり歩道を走っています。
厳密に道路交通法を解釈すれば、これは違法になりますが、さすがに、こどもを乗せて15Km程度の低速で車道をトロトロ走る勇気はありません。
したがって、私も、「必要であれば歩道を走る」という事自体に異論はありません。

しかし、必要以上に歩道を走るのではなく、「基本的には車道を走るべき」という意識を定着させる必要があると思うのです。
その意識が定着すれば、自動車、原付、自転車が、安全に車道を共有して走れるようになると思うのです。
逆に言えば、その意識が定着しないと、安全に走れるようにはならないという事だと思います。


snappi --

週末お疲れ様でした。>ずんべさん
ははは。やっぱり歩道の方が安全ですもんね。
要は法律をちゃんと理解して、
自分と周りの安全に配慮すればよいのですけど、
そういう人ばかりじゃないから法律があるわけで、
でもそういう人ほど法律に無頓着だったりして、
・・・難しいですねぇ~( ̄▽ ̄;)


▲TOP
この記事に対するコメント
ちょっと違うような気がしますが…
ご無沙汰しております。
ずんべです。

道路交通法が改正された結果、以前よりも歩道を走らなければならない状況は増えたと思います。
しかしながら、「自転車は歩道を走るべきもの」とされたわけではないと思います。

「自転車は車道を走る」が原則であるのは、今も昔も同じです。
ただ、「自転車は歩道を走るもの」という誤った意識が定着してしまっているだけです。
これは、その昔、モータリゼーションが進んだときに、本来車道を走るべき自転車を歩道に追い出し、法律との矛盾を放置し続けた結果、「自転車は歩道を走るべきもの」という、法律の趣旨と異なる、誤った意識が定着してしまったのだと思います。

そもそも車道は、自動車、原付、軽車両(自転車など)が「共存して走らなければならない空間」ですので、速度の違い、動きの違いがあっても、お互いが譲り合って使わなければならないものであるはずです。
自動車と車、自動車と原付という図式は、自動車と原付という図式と何ら変わりはありません。
お互いに譲り合って共存して走るべきものだと思います。

自動車、原付、軽車両は、本来、車道を走るべき車両であって、車道を走ったからと言って「危険になる」という考え方は違うと思います。
自転車が歩道を走ることで危険だと言う理屈であれば、自転車が歩道を走ることで、歩行者が危険に晒されているという事実を考える必要があると思います。

現実に法律が守られていないという事実はありますが、自転車は車両ですから、本来、歩道を走るべきものではありません。
今回の改正においても、自転車は歩道を走るべきものと定められたのでもありません。
今も昔も、自転車は車道が原則で、歩道は例外です。
ただ、昔からの名残で、「自転車は歩道を走るべきもの」という誤った意識が定着してしまった結果、現在のイビツな問題になっているのだと思います。

もう一点、大きな誤解があると思いますので、ちょっと書かせていただきますと、「歩道を自転車で走行することができる」と「歩道を走らなければならない」は、まったく意味が違います。
この間違いは、「青信号は進め」と解釈しているのと同じくらいの間違いです。青信号の正しい解釈は「青信号は進んでもよい」ですね。
「進め」と「進んでもよい」は、まったく意味が違います。
同様に、「走れ」と「走ってもよい」は、まったく意味が違います。
道路交通法では、「例外として歩道を走ってもよい」とはされていますが、「歩道を走れ」とはされていません。
従って、「自転車は歩道を走らなければならない」という解釈は、間違いであると思います。
【2008/08/01 15:17】 URL | ずんべ #XIh8vPk. [編集]


うむむむむ。>ずんべさん
すみません。僕の文章が下手くそでしたね。
自転車が歩道を走るべきと書いたつもりはなかったのですけど・・・( ̄▽ ̄;)
「自転車は車道が原則」であるのはもちろんです。
ただむやみに車道を走るのは危険な場合もあり、
車道か歩道かは、状況を見極める必要があると思うのです。

僕が言いたかったのは、
「車道が原則ではあるけれど、それにこだわらず、
 一番安全だと思う方法を見極めて走るように。」
というのが、6月の法改正の主旨ではないかということです。
でもそう伝わっていない現実を感じているということです。
歩行者の安全に配慮するのは言わずもがな。
車道を走って安全であれば、それで何も問題はないのですけど。
【2008/08/01 23:23】 URL | snappi #I4DUBegY [編集]

安全に走ることが第一ですね
すみません、週末はこどもと遊びまわっておりまして、ネットにアクセスできませんでした。m(__)m

そうですね、安全に走るという事は大切ですね。
ずんべも、なんやかんやととコメントを書かせて頂きましたが、こどもを乗せて走るときは、やはり歩道を走っています。
厳密に道路交通法を解釈すれば、これは違法になりますが、さすがに、こどもを乗せて15Km程度の低速で車道をトロトロ走る勇気はありません。
したがって、私も、「必要であれば歩道を走る」という事自体に異論はありません。

しかし、必要以上に歩道を走るのではなく、「基本的には車道を走るべき」という意識を定着させる必要があると思うのです。
その意識が定着すれば、自動車、原付、自転車が、安全に車道を共有して走れるようになると思うのです。
逆に言えば、その意識が定着しないと、安全に走れるようにはならないという事だと思います。
【2008/08/04 11:07】 URL | ずんべ #XO31q6VY [編集]


週末お疲れ様でした。>ずんべさん
ははは。やっぱり歩道の方が安全ですもんね。
要は法律をちゃんと理解して、
自分と周りの安全に配慮すればよいのですけど、
そういう人ばかりじゃないから法律があるわけで、
でもそういう人ほど法律に無頓着だったりして、
・・・難しいですねぇ~( ̄▽ ̄;)
【2008/08/04 19:46】 URL | snappi #I4DUBegY [編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/472-7efcd921
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。