www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
AGPにATX電源
その後ネットで調べてみると、ATX電源は"人気メーカー品""それなりのメーカー品""安物"の3つに大別できそうな感じ。また最近は12cmの吸気ファンがついたものが多いようだ。AGPの筐体ではこのファンがカバーに塞がれてしまうので、純正と同じ8cmファンのみの製品を選んだ方がよさそう。

2ちゃんねるに洗脳されたこともあって、1000円、2000円で買えるような安物電源は見送り。ワンランク上の"それなりのメーカー品"から選ぶことにした。比較的評判が良さそうなのは、Windy、Antec、Seasonic(Owltech)、Delta、Seventeamあたりだろうか。あとはtamachoz氏に相談して・・・。

*   *   *

と思っていたのですが、ヤフオクで見つけた変なの落札しちゃいました。

071208_tagan-1.jpg

TAGAN TG380-U01。パサくんと同じドイツ製(笑)「環境基準に厳しい欧州で鍛えられたヨーロッパNo.1ブランド静音電源」という宣伝文句に見事にひっかりました。昔のニュースを見るとそんなに悪いものでもなさそうだったし、値段も手頃だったし、黒い色でカッコよかったし。

*   *   *

AGP純正とATX電源のピンアサインはかなり似通っているので、8番と18番ピンを抜き取り&絶縁するだけでOK。厳密には8番に3.3V、18番にGNDを突っ込まなくてはいけないはずだが、カットするだけでも問題なく動いた。方法はあちこちに紹介されているので、今日のところは省略。背面の電源コネクタが筐体にあたるので、開口部をちょっとだけ削った。

買う前からわかっていたことだが、TG380-U01は純正電源よりも2cmほど大きい。DVDドライブも純正より大きいND-3500Aに換えてしまっているので、吸気ファンとDVDドライブの隙間はほんのわずかしかない。DVDドライブのケーブルをスマートケーブルに換え、電源ケーブルをドライブの奥から取り回して、なんとか最低限の通気スペースを確保。

071208_tagan-2.jpg

狭っ・・・( ̄▽ ̄;)

電源下の排気ファンは、はんだ付けが面倒なので、カットしたケーブルをFDD用コネクタに直接差し込んで絶縁テープで固定。

071208_tagan-3.jpg

ちゃんと回ってるからたぶん大丈夫でしょ。

*   *   *

というわけで、電源出力はこんな感じにアップ。

+5V 20A→37A
+3.3V 24A→28A
+5VSB 1.5A→2.5A
+12V 6.0A→22A
-12V 0.25A→1.0A


これで十分かどうかはよくわかりませんが、いままでと比べればかなり安定するはず。不安定なため1.8GHzにクロックダウンして使っていたCPUを2.0GHzに戻してみた。これで常用できるようになるとうれしいんだけどなぁ。

*   *   *

この電源、音については・・・静音を歌うだけあってかなり静か・・・だと思う・・・たぶん。NewerのCPU冷却ファンが爆音なのでよくわからないんです。トホホ。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/349-1e30055d
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。