www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


日本語の歌
先日、契約先の女性の送別会を兼ねた忘年会があった。
二次会のカラオケでドリカムの曲を歌った人がいた。

『ア・イ・シ・テ・ルのサイン』

結婚式のお祝いソングとして知られている
『未来予想図II』の続編として作られた曲である。
映画の主題歌にもテレビCMにも使われているので
みんなよく知っているらしく大盛り上がりの大合唱。
でも画面に流れる歌詞を読んでふと考えてしまった。

この曲が発売されたのは今年の10月。
吉田美和さんの夫・末田健さんが他界したのは9月末。
美和さんは彼が入院した後でこの曲書いてるんだよね。

♪ちゃんとあなたに、伝わってるかな?

病院のベッドで眠る彼に訊ねたかったんだろうか?
奇跡が起こることを願いながら書いたんだろうか?
全国ツアーの先々から病院に残してきた彼に向けて
思いが届きますようにと歌っていたんだろうか?

うるうるしているのがばれて不審に思われないように
平静を装ってはいたが、一緒に騒ぐのは無理だった。
ひとり押し黙って大きなモニターを見つめていた。

考えてみたら歌詞の中にはそれを書いた作詞家さんの
いろんな思いや願いや叫びが込められているわけで、
たわいのないラブソングだと思っている曲にだって
実はものすごく深?い意味があるのかもしれない。

昔、親戚のおじさんが酔っぱらって僕に言った。
「年をとるとなぁ、日本語の歌がよくなるんだよ」
そのときはぜんぜん理解できなかったのだけど、
ようやくわかる年になったってことなのかな。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/344-9c60d1db
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP