www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


ルール違反
4/17にも取り上げた高校野球の学費免除問題。違反校は300校を越え、出場辞退やら引責辞任やらが相次いでいる。学費免除を取り消されてしまい、退学を余儀なくされる生徒もいるようだ。本当にかわいそうだし、馬鹿馬鹿しい。

テレビや新聞を見た印象では、マスコミの批判は概ね高野連に向けられているようだ。もっと寛容な対応をしてほしいとか、いままで見過ごしていたのにとか、憲章そのものが時代錯誤だとか。優秀な選手を育てるためには特待制度も必要。僕もそう思う。

でもちょっと待ってほしい。どうして高野連ばかりが責められているんだ? 一番問題があるのは学校なんじゃないの? 彼らは高野連に加盟していながらそのルールを無視していたんですよ。チェックされないから、他校もやっているからと、のうのうとしていたんですよ。

中には純粋に教育の平等を目的に学費を免除していた高校もあるかもしれない。しかしほとんどは学校が利益を得るためのイメージアップ戦略の一環ではなかっただろうか。ルールに違反して金で選手を集めておきながら、結局は選手たちを苦しめ尻ぬぐいまでさせている学校がなぜ一番に責められないのか。僕には不思議でならない。

*   *   *

日本人はとにかくルール違反に甘い。だから個人のルール違反が横行し、企業のルール違反が横行し、政治のルール違反が横行する。昔はモラルとか世間体とかでバランスがとれていたが、いまはそれがなくなり全く歯止めがきかなくなっている。今回の事件はそういう日本の現状が露呈しただけのことだと僕は思う。

「子どもたちがかわいそう」「特待制度は必要」と合唱して高野連と憲章を悪者にし、学校が犯したルール違反を見過ごそうとするなら、それは根本的な解決にはならないだろう。きっとまた同じようなことが起きるに違いない。必要なのは違反者に厳格な罰を与えながら、ルールの内容と運用方法を見直し、子どもたちを救済する方法を考えることではないだろうか。

*   *   *

あ、念のために言っときますけど。
高野連の思想とかルールとか、僕、昔からダイッキライですから。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/216-2d4e93dd
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP