www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


人権メタボリック
伊吹文科相の「人権メタボリック」発言。僕も前後を読んでないんですが、読んでいないだけにむしろ激しく同意。ある部分は過保護、ある部分は放置状態で、偏食この上ないこの国の人権扱いは、まさに「メタボリック」だと僕も思うから。

昨日またヒトゴロシに心神喪失で無罪判決が出ましたね。精神異常であればヒトゴロシの人権も認めようと言っているわけで、過保護なことこの上ない。結果、殺された5人と残された家族の人権は誰も守ってくれないというとんでもない話になっている。刑法39条いったいいつまで放置しておくんだろう。一刻も早く改正されるよう切に願う。

憲法が認めているのは基本的人権であって絶対的人権ではない。絶対的人権を認めようとしすると、犯罪者にもテロリストにも人権はあるわけで、社会が成り立たなくなってしまう。どこかで線を引かなくてはいけないのだ。線引きの基準にはいろんな意見があると思うけど、僕は「平和で安全な共存生活にマッチできるかどうか」というところが基準でよいのではないかと思う。自分や自分の家族が精神異常を起こして他人に危害を加えるなら、裁かれても仕方ないと思うし、そうならないよう隔離してもらいたいと僕は思う。

僕は社会があっての自分だと思っている。だから社会によくなってほしい(あくまで僕のものさしですが)と思う。前後を読んでいない前提ではあるが、伊吹さんは僕と同じような考えを持っていらっしゃるのではないかと想像する。方や辻元さんは社会より個人が大切だという考えが根底にある方なんでしょう。いつもこの方の発言に賛同できないのは、そういうところが自分とずれているからだろうと思う。

*   *   *

とかなんとか言いながら、急激にメタボリック化している体を見て見ぬふりしている自分を再認識。デカイこと言う前に、まずはここから手をつけるべきだな( ̄▽ ̄;)

TR -人権って、-

snappiさん、こんばんは、TRです。

今の制度では、被害者にしわ寄せがいってしまうようになっていますよね。
そこの部分の修正は、急務だと、私も思います。
実は、私は精神障害者です、手帳を持っています。鬱病で等級3です。
こういった心身喪失云々といった輩と、障害者をもひと括りにして議論が進んでしまうことに、とても不安を感じてしまいます。いわゆる「色眼鏡」ですよね。
私は障害者ですが、他人にいきなり噛みついたり、人を刺したりはしません。当たり前ですけれどね(笑)。
自分のことで、一杯一杯なんです。とても、人様のことまで面倒見切れません。
「基地外は隔離しろ」的な流れの方向に、本当に不安を感じながら、毎日を生きています。そういったことも、ご理解いただきたいと思います。
私はカミング・アウトしていますが、事情があって、そうしたくても出来ない人達もいるのです。

細かいところで申し訳ないのですが、「精神異常」は差別用語です。
正しくは、「精神障害者」です。よろしくお願いします


snappi --

本当に差別用語でしょうか。>TRさん
せっかくいただいたご指摘ですが、この点には少し異論があります。
僕はヒトゴロシをするような異常な人のことを言っているわけで、
精神に障害を抱える方々のことを言っているのではありません。
それは文脈からご理解いただけると思います。
この言葉によって傷ついた経験をお持ちの方にとっては、
確かに嫌な言葉かもしれません。
しかし、人にはそれぞれに嫌な言葉があります。
障害を持つ人を傷つける言葉だけ差別用語だからやめようなんて、
それこそ逆に差別ではありませんか?
どこかに憐れみや同情があるからではありませんか?
僕は障害を持っているとかそんなことで人を差別したりしません。
だから自信を持って、自分の選んだ言葉を使います。

いつもコメントくださっているTRさんに不快感を与えてしまったのは
本当に残念なことですし、申し訳ないと思っております。
障害を公表してまでご指摘くださったことも本当にありがたく思います。
また障害を持つ方を色眼鏡で見る傾向が少なからずあることについては、
やはり大きな問題だと思いますし、ご心配ももっともだとおもいます。
線引きを間違えると、それこそ本当に差別ですから。
ただ言葉を生業にし、真剣に言葉を選んで文章を書いている者として、
今回のご指摘には同意しかねます。
ご理解いただけませんでしょうか。

TRさん、
それでもやはり納得できない、耐えられないということでしたら、
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてご連絡ください。
メールとか電話とかで、もっとちゃんとお話をさせていただきたいです。
これからもまたいろいろとよろしくお願いします。m(_ _)m


TR -レス、ありがとうございます。-

snappiさんの仰ることは、よく理解はできます。

>ただ言葉を生業にし、真剣に言葉を選んで文章を書いている者として、
>今回のご指摘には同意しかねます。ご理解いただけませんでしょうか。

snappiさんはご存じかもしれませんが、「全家連」という団体があります。
財団法人として、身障者や精神障害、知的障害の家族を持つ者をネットワークでまとめた団体です。一般的に、障害者は介助(若しくは介護)者がそばに付いていなければ、日常生活が困難になる人が多いのが実情です。
そういった家族観の連携を深め、社会に対して、正式な認識、例えば、
基地外=精神障害者ではないということを、啓蒙して活動している訳です。

人は残酷です。自分が受け容れられない物事には、特に排他的になりがちです。

>僕はヒトゴロシをするような異常な人のことを言っているわけで、
精神に障害を抱える方々のことを言っているのではありません。
それは文脈からご理解いただけると思います。

はい。充分にお察しさせていただいております。
ただね、世の中、snappiさんのようなお考えをされる方ばかりではないのです。都市部と、地方では、顕著にその差が表れます。

中には、他人に危害を加えてしまう障害者のかたもいらっしゃるでしょう。
それでも、健常者が起こす事件とのパーセンテージを比較すれば、その発生率は一目瞭然です。

私も、「言葉狩り」は好きではありません。ただ、その忌まわしい言葉を浴びせられて、自ら命を絶つ人が、日本では三万人以上いるのですよ。

人の生き死にに直結する言葉だと認識し、その言葉を自らの口から発したことによって、もしも他人が死んでしまったら、と考えてくださるならば、
マイルドではありますが、言葉の重みを実感することになると思います。


TR -補足です。-

>障害を持つ人を傷つける言葉だけ差別用語だからやめようなんて、
>それこそ逆に差別ではありませんか?
>どこかに憐れみや同情があるからではありませんか?
>僕は障害を持っているとかそんなことで人を差別したりしません。
>だから自信を持って、自分の選んだ言葉を使います。

snappiさんのお考えは、正論だと思いますよ。

でもね、世の中には、「絶対弱者」と呼ばれる人々が存在するんです。
正論は、あくまでも強い人には受け容れてもらえるのですが、弱者にとっては、威嚇(暴力と同じ)以外の何者でもないのです。

自分でも、「強くなりたい・ならねばならない」とは、始終考えてはいます。
けれども、分かってはいるけれど、その流れからは抜け出すことはできないんです。それが、「こころを病む」ということなんですよ。

私は、ただ静かに堕ちてゆくだけですが、そうでない方のほうが多いのではないかと、思います。乱筆乱文、失礼致しました。


snappi --

TRさんは僕に何を求めていらっしゃいますか?
おっしゃることの理解を求めていらっしゃるなら、
たぶん僕は理解していると思います。
僕の書いた言葉の訂正を求めていらっしゃるなら、
申し訳ありませんが、訂正はしません。
このコラムを読んだせいで命を絶つ方が
いるなんて僕には想像もつきませんが、
もしいたとしても僕は書きます。

好きな人にふられた人が自殺したら、
それはふった人の責任ですか?
僕は違うと思います。
そうならないようにつきあうべきですか?
僕は違うと思います。
自分がふったせいで人が亡くなっても、
心を痛めながら、別の恋をするのです。
申し訳ありません。


TR -いえいえ、-

撤回とか、そういうお話しを求めてはいませんよ、snappiさん。
誤解されてしまう言い回しでしたね、申し訳ありません。

ただ、健常者側からだけの見方だけではなく、こちらからの見方もあるのだということを、知っていただきたかっただけなんです。
強い人が、何故強いかは、人は理解できると思います。
ただ、「何故、弱いか」は、なかなか難しいんです。捉え方が、あり過ぎて。

福祉というものは、snappiさんが仰るとうり、優しく接していれば、それだけで良いものだとは、私も思いません。時には、厳しさも必要だと思います。
制度による福祉と、個人のこころの中にある福祉とが、今は噛み合っていないように思えてしょうがないんです、私には。上手い具合に、シンクロしてくれれば、弱者にとっても、生きやすい世の中になると思うんですけれどね。

今までどうりのお付き合いを、お願い致します(^^)


snappi --

> 制度による福祉と、個人のこころの中にある福祉とが、今は噛み合っていない
> 上手い具合に、シンクロしてくれれば、弱者にとっても、生きやすい世の中になると思うんですけれどね。

ホントにそうですね。

直接メールもいただきありがとうございました。
TRさんのおっしゃりたいことはよーく理解できました。
こちらこそ、今後ともぜひともいままで通りで、よろしくお願いします。


▲TOP
この記事に対するコメント
人権って、
snappiさん、こんばんは、TRです。

今の制度では、被害者にしわ寄せがいってしまうようになっていますよね。
そこの部分の修正は、急務だと、私も思います。
実は、私は精神障害者です、手帳を持っています。鬱病で等級3です。
こういった心身喪失云々といった輩と、障害者をもひと括りにして議論が進んでしまうことに、とても不安を感じてしまいます。いわゆる「色眼鏡」ですよね。
私は障害者ですが、他人にいきなり噛みついたり、人を刺したりはしません。当たり前ですけれどね(笑)。
自分のことで、一杯一杯なんです。とても、人様のことまで面倒見切れません。
「基地外は隔離しろ」的な流れの方向に、本当に不安を感じながら、毎日を生きています。そういったことも、ご理解いただきたいと思います。
私はカミング・アウトしていますが、事情があって、そうしたくても出来ない人達もいるのです。

細かいところで申し訳ないのですが、「精神異常」は差別用語です。
正しくは、「精神障害者」です。よろしくお願いします
【2007/03/01 22:57】 URL | TR #3qVxx1jM [編集]


本当に差別用語でしょうか。>TRさん
せっかくいただいたご指摘ですが、この点には少し異論があります。
僕はヒトゴロシをするような異常な人のことを言っているわけで、
精神に障害を抱える方々のことを言っているのではありません。
それは文脈からご理解いただけると思います。
この言葉によって傷ついた経験をお持ちの方にとっては、
確かに嫌な言葉かもしれません。
しかし、人にはそれぞれに嫌な言葉があります。
障害を持つ人を傷つける言葉だけ差別用語だからやめようなんて、
それこそ逆に差別ではありませんか?
どこかに憐れみや同情があるからではありませんか?
僕は障害を持っているとかそんなことで人を差別したりしません。
だから自信を持って、自分の選んだ言葉を使います。

いつもコメントくださっているTRさんに不快感を与えてしまったのは
本当に残念なことですし、申し訳ないと思っております。
障害を公表してまでご指摘くださったことも本当にありがたく思います。
また障害を持つ方を色眼鏡で見る傾向が少なからずあることについては、
やはり大きな問題だと思いますし、ご心配ももっともだとおもいます。
線引きを間違えると、それこそ本当に差別ですから。
ただ言葉を生業にし、真剣に言葉を選んで文章を書いている者として、
今回のご指摘には同意しかねます。
ご理解いただけませんでしょうか。

TRさん、
それでもやはり納得できない、耐えられないということでしたら、
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてご連絡ください。
メールとか電話とかで、もっとちゃんとお話をさせていただきたいです。
これからもまたいろいろとよろしくお願いします。m(_ _)m
【2007/03/02 00:07】 URL | snappi #I4DUBegY [編集]

レス、ありがとうございます。
snappiさんの仰ることは、よく理解はできます。

>ただ言葉を生業にし、真剣に言葉を選んで文章を書いている者として、
>今回のご指摘には同意しかねます。ご理解いただけませんでしょうか。

snappiさんはご存じかもしれませんが、「全家連」という団体があります。
財団法人として、身障者や精神障害、知的障害の家族を持つ者をネットワークでまとめた団体です。一般的に、障害者は介助(若しくは介護)者がそばに付いていなければ、日常生活が困難になる人が多いのが実情です。
そういった家族観の連携を深め、社会に対して、正式な認識、例えば、
基地外=精神障害者ではないということを、啓蒙して活動している訳です。

人は残酷です。自分が受け容れられない物事には、特に排他的になりがちです。

>僕はヒトゴロシをするような異常な人のことを言っているわけで、
精神に障害を抱える方々のことを言っているのではありません。
それは文脈からご理解いただけると思います。

はい。充分にお察しさせていただいております。
ただね、世の中、snappiさんのようなお考えをされる方ばかりではないのです。都市部と、地方では、顕著にその差が表れます。

中には、他人に危害を加えてしまう障害者のかたもいらっしゃるでしょう。
それでも、健常者が起こす事件とのパーセンテージを比較すれば、その発生率は一目瞭然です。

私も、「言葉狩り」は好きではありません。ただ、その忌まわしい言葉を浴びせられて、自ら命を絶つ人が、日本では三万人以上いるのですよ。

人の生き死にに直結する言葉だと認識し、その言葉を自らの口から発したことによって、もしも他人が死んでしまったら、と考えてくださるならば、
マイルドではありますが、言葉の重みを実感することになると思います。
【2007/03/02 01:42】 URL | TR #3qVxx1jM [編集]

補足です。
>障害を持つ人を傷つける言葉だけ差別用語だからやめようなんて、
>それこそ逆に差別ではありませんか?
>どこかに憐れみや同情があるからではありませんか?
>僕は障害を持っているとかそんなことで人を差別したりしません。
>だから自信を持って、自分の選んだ言葉を使います。

snappiさんのお考えは、正論だと思いますよ。

でもね、世の中には、「絶対弱者」と呼ばれる人々が存在するんです。
正論は、あくまでも強い人には受け容れてもらえるのですが、弱者にとっては、威嚇(暴力と同じ)以外の何者でもないのです。

自分でも、「強くなりたい・ならねばならない」とは、始終考えてはいます。
けれども、分かってはいるけれど、その流れからは抜け出すことはできないんです。それが、「こころを病む」ということなんですよ。

私は、ただ静かに堕ちてゆくだけですが、そうでない方のほうが多いのではないかと、思います。乱筆乱文、失礼致しました。
【2007/03/02 01:52】 URL | TR #3qVxx1jM [編集]


TRさんは僕に何を求めていらっしゃいますか?
おっしゃることの理解を求めていらっしゃるなら、
たぶん僕は理解していると思います。
僕の書いた言葉の訂正を求めていらっしゃるなら、
申し訳ありませんが、訂正はしません。
このコラムを読んだせいで命を絶つ方が
いるなんて僕には想像もつきませんが、
もしいたとしても僕は書きます。

好きな人にふられた人が自殺したら、
それはふった人の責任ですか?
僕は違うと思います。
そうならないようにつきあうべきですか?
僕は違うと思います。
自分がふったせいで人が亡くなっても、
心を痛めながら、別の恋をするのです。
申し訳ありません。
【2007/03/02 02:39】 URL | snappi #I4DUBegY [編集]

いえいえ、
撤回とか、そういうお話しを求めてはいませんよ、snappiさん。
誤解されてしまう言い回しでしたね、申し訳ありません。

ただ、健常者側からだけの見方だけではなく、こちらからの見方もあるのだということを、知っていただきたかっただけなんです。
強い人が、何故強いかは、人は理解できると思います。
ただ、「何故、弱いか」は、なかなか難しいんです。捉え方が、あり過ぎて。

福祉というものは、snappiさんが仰るとうり、優しく接していれば、それだけで良いものだとは、私も思いません。時には、厳しさも必要だと思います。
制度による福祉と、個人のこころの中にある福祉とが、今は噛み合っていないように思えてしょうがないんです、私には。上手い具合に、シンクロしてくれれば、弱者にとっても、生きやすい世の中になると思うんですけれどね。

今までどうりのお付き合いを、お願い致します(^^)
【2007/03/02 14:19】 URL | TR #3qVxx1jM [編集]


> 制度による福祉と、個人のこころの中にある福祉とが、今は噛み合っていない
> 上手い具合に、シンクロしてくれれば、弱者にとっても、生きやすい世の中になると思うんですけれどね。

ホントにそうですね。

直接メールもいただきありがとうございました。
TRさんのおっしゃりたいことはよーく理解できました。
こちらこそ、今後ともぜひともいままで通りで、よろしくお願いします。
【2007/03/03 01:58】 URL | snappi #I4DUBegY [編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/171-5957a468
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP