www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


イボ
10代の頃、頭の左側、耳の少し上あたりにイボができた。
ニキビだと思ってつぶそうとしたら、つぶれずに大きくなった。
それから数十年の間、僕の頭の左側にはずっとイボがあった。
普段は髪に隠れて見えないが、触ると結構な大きさがある。
刈り上げにした時だけ、髪から飛び出したのが見える。
なんとなくだが、昔より大きくなったような気がする。

近所にある皮膚科の評判がいいので、相談してみた。
「これは邪魔でしょ。よく何十年も我慢してたね。」と言われた。
その場ですぐに切って取れるというので、お願いすることにした。

そのままの格好で、診察室のベッドに横になる。
髪を剃ることもなく、いきなりイボの周りに麻酔を打たれる。
注射針が少しだけチクチクとするが、たいして痛くはない。

次にレーザー(らしきもの)で、サクサクとイボを切っていく。
今度はビリビリとした痛み。麻酔の時よりちょっとだけ痛い。
髪の毛が焦げるような音と、焦げくさい臭いがする。
切り始めて1分ぐらいだろうか、あっという間に終わった。

ベッドから下りると、看護士さんが切ったイボを見せてくれた。
思っていたよりも大きくて驚いた。直径が1cm近くあった。
写真に撮らせてもらえばよかった、と後で思った。

1日4回「ゲンタマイシン」という薬を塗るように言われた。
シャンプーはNG。髪はお湯だけで洗うように言われた。
こんな夏場に切るんじゃなかった、と少し後悔した。

保険が利いたので、自己負担額は6千円ちょっと。
つまり総額2万円…いい商売だな、とちょっとだけ思った。

手術してから数時間は、切ったところが少し痒かった。
一日経った今は何も感じない(直接触るとちょっとだけ痛い)。
こんなに簡単ならもっと早く切ればよかった、と思った。

すっきりしたけど、ちょっとだけ寂しい気もする。
さようなら、僕の古い友達よ。
 

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/1253-e947f310
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP