www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


D3300
D5000を使い始めて5年以上が経った。
シャッター回数はまだ3万を超えたところ。
まだまだ大丈夫だけど、最近のモデルと比べるといろいろと見劣りする。

ISO感度の上限が低い(ISO3200)

実際にはISO640あたりが限界。
800を超えると粒子が荒れて使い物にならない。
暗い場所で撮る機会は少ないものの、やはり心許ない。
最新モデルのD5600はISO25600。
ISO1600でもそれなりの画質で撮れるのが羨ましい。

モニターが小さくて解像度が低い(2.7型/23万ドット)

使い始めた頃から見づらいと思っていたが、
最近目が悪くなってますます小さく感じるようになった。
D5600は3.2型で18%も大きい。
解像度は104万ドットで4倍以上。
撮った写真の確認しやすさが全然違う。

ファインダー倍率が低い(0.78倍)

これも使い始めた頃から見づらかったので、
レンズ付きのアイカップ(Panasonic VYC0973)を付けていた。
D5600は0.82倍。
わずか5%の違いだが、覗いてみて違いにびっくり。
これならレンズ付きのアイカップじゃなくても大丈夫そうだ。

ローパスフィルターレスじゃない

当時もローパスフィルターレスが良かったけど、
このクラスではローパスフィルター付きしかなかった。
たぶんセンサーの性能がよくなったのだろう。
今ではローパスフィルターレスがあたりまえになった。
D5000よりも写りがシャープになっているはず。


要は時代の流れである。
仕事でも使っているので、そろそろ買い替えを考えなくてはと、
後継機の最新モデルD5600や一つ前のD5500をチェックし始める。
(改造レンズを使うため、ニコンFマウントは必須である。)

でもよく考えてみると、最近はバリアングルをほとんど使っていない。
じゃ、D3400でいいんじゃないの?とスペックを確認してみる。
バリアングルとオートフォーカスとWi-Fi以外は大差がない。
ファインダー倍率は0.85倍とさらに見やすくなっている。

でもD3400にはなぜかイメージセンサークリーニング機能がない。
一つ前のD3300にはちゃんとある。えー!?なんで?

ということで、今度はD3300のスペックを確認する。
ISO感度が12800しまでしかないが、僕には十分だ。
SnapBridgeやBluetoothも特に必要ない。
もしかしたらこれでいいんじゃないの?


ということで結局、最安モデルで型落ちのD3300に落ち着いたのだった。

170216_3300.jpg
↑D5000+Flektogon 35mmで撮ったD3300

170216_5000.jpg
↑D3300+Flektogon 35mmで撮ったD5000

D3400ほどではないが、D5000より劇的に小さく、軽くなった。
小さすぎて構えづらいが、散歩カメラや取材にはありがたい。
(今頃こんな比較写真を載せて誰かの役に立つとも思えないが、
そこはOld Friendsということでご容赦のほど。)

少し春らしくなってきたし、仕事も落ち着いてきたし、
久しぶりに散歩カメラにでも出かけようかな!
 

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿










※コメント中に「http://」の文字があると投稿できません。
 URLご紹介の際は先頭の「h」など一部を省略願います。


※パスワードを入れると後でコメントを編集することができます。



▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snappi.blog8.fc2.com/tb.php/1229-711d4698
※トラックバックの際には、本文中にこの記事へのリンクが必要です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP