FC2ブログ
www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


久保田と武智
今年のM-1グランプリはなんだか残念なことになった。
優勝した霜降り明星より、彼らの残念な先輩の方が目立ってしまった。
大先輩を名指しでディスったことや、女性蔑視の発言をしたことは言わずもがなだが
それよりも僕が気になったのは、二人の思考回路があまりに幼稚だということだ。

上沼さんはもちろん、かつて一斉を風靡した漫才師で、上方芸能界の大御所だが、
たぶんあの場所では、大阪のおばちゃん代表を演じているんじゃないだろうか。
漫才の出来や細かな分析については他の審査員がやってくれるとわかっているから、
自分はわざと「好きやわ〜」「嫌いやわ〜」で変化を与えようとしているのだと思う。
テレビ番組なのだから、クソ真面目にコンテストをやるだけじゃ成り立たない。
えこひいきや毒舌で笑いを取るのは、そもそも上沼さんの常套テクニックなのだ。

なのに、大阪で10年以上お笑いをやってきた彼らがそこをわかっていない。
更年期障害のおばはんも自分が笑わせるべき相手だということがわかっていない。
だからM-1にかけるネタを間違えるし、テレビの出演オファーが来ないのだ。
そういうところが馬鹿だし、残念だし、今の彼らのお笑いの限界なんだと思う。

彼らは犯罪を犯したわけではないし、馬鹿でクズはお笑い芸人に必要な要素。
自分のしたことだけでなく、考えていたことの間違いに気づいて、少し大人になればいい。
それで、彼らのネタとしゃべくりがより面白い方向に向かってくれればいい。
上沼さんも松本さんもきっとそんなふうに考えているんじゃないかな。
(もちろん本人たちにはカミナリを落とすだろうけど。)

ただコンプライアンスだけでこの問題を片付けてほしくない。
いちお笑いファンとして、今後の動向に注目している。


▲TOP
残留!!!
まさに首の皮一枚。磐田の敗戦で残留決定。



いやあ、ひどい試合だった。
今年のグラを象徴するような残念な守備で先に失点。
主審が相手のマリーシア(?)にまんまと乗ってさらに失点。
ジョーは不可解な反則を取られて全く攻撃が成り立たない。

でも後半に前田が入ってから少しずつ流れが良くなって、
ジョーが仕返しのマリーシア(?)でPKをもらって、
さらにラッキーな相手のハンドで同点に追いついて、
あとは押せ押せ、もう1〜2点獲れそうな勢いだったのに、
結局引き分けのまま終わってしまった。
あぁこれでプレーオフか、もう1試合か、と思った。

でもそんなふうにぎりぎりで手にした勝点1が
最後にぎりぎりでJ1残留を決めてくれた。
かっこ悪くても頑張るということは大事なことなんだな。

ジョーは今日の2点でシーズン24得点。得点王に。
チーム得点も52と18チーム中4番目の高得点。
なのに15位ってどういうことやねん…。

でもともかく残留おめでとう。
来年こそはディフェンスなんとかしましょう。
風間監督、よろしくお願いします m(_ _)m
 

▲TOP