www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スーパームーン
150929_moon1.jpg

TAMON18-270mmで撮ってみた。
ノートリだとこんな画角。
けっこう寄れるもんだな。

150929_moon2.jpg

拡大してもなかなかきれいだ。
クレーターや輪郭の凸凹もちゃんと見える。
大したもんだな。

*Nikon D5000 + TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD*


▲TOP
彼岸花
150922_higanbana1.jpg

早速、TAMRON 18-270mmで、久しぶりの散歩カメラにいってきた。
彼岸花を撮ったのはたぶん初めてじゃないかな。

150922_higanbana2.jpg

ネットの作例の印象通り、描写も色合いも無理がなくていい感じだ。

150922_higanbana3.jpg

ズームレンズだと画角の選択肢が広がる分、ついついいろんなアングルを試してしまう。

150922_higanbana4.jpg

玉ボケの感じも悪くないですね。

150922_higanbana5.jpg

こういう写真の奥行き感はさすがに単焦点にかなわないな。

150922_ageha1.jpg

土手の下の彼岸花に止まったアゲハ蝶にズーム。

150922_ageha2.jpg

Flektogonじゃこんなのまず撮れない。

150922_bird.jpg

ついでに鳥も撮ってみた。

*Nikon D5000 + TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD*
 

▲TOP
TAMRON 18-270mm
仕事で使っていたSIGMA 18-200mmが最近どうも怪しい。
レンズを下に向けたときに「ギギギギ…」と嫌な機械音がする。
撮影に支障はないのだが、結構な音量なので周りの注目を集めてしまう。
もともとこのレンズの描写があまり好きではなかったこともあって、
この際、新しいズームレンズを買うことにした。

150920_tamron18-270.jpg

TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
重さが450g。前のレンズは610gもあったのでかなり軽く感じる。
サイズもコンパクトになった。

ネットの作例を見ると、SIGMAより解像度は落ちるようだが、
色も描写も自然な感じのものが多く好印象だった。
実際に撮ってみるとこんな感じ。

150920_test.jpg

よくわからないですね(笑)
そのうちまた追加アップします。

18-270mmズームがどれぐらいかというと…

150920_wide.jpg
↑18mm

150920_tele.jpg
↑270mm

おー、すごいすごい。
VC(手振れ補正)もよく効いているようだ。

ただ静かな場所だと、シャッターを半押ししたときのVCのモーター音が結構気になる。
静音が売りのPZDも、正直静かとは言いがたい。
でも値段が値段だからね。文句は言えません。

最近バタバタしていて、ほとんど写真を撮っていなかったけど、
これを機にまた散歩カメラを再開できたらいいな。

*Nikon D5000 + TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD*


▲TOP
安保
安保関連法案反対デモに参加した皆様、お疲れ様でした。
賛否両論ありますが、国の将来を案じて行動を起こしたことは素晴らしいことです。
少なくとも、デモどころかSNSでも全く声を上げなかった僕と比べたら。

ただひとつ思うのは、今回のデモ参加者のうち、前回の参院選、衆院選で、
投票に行かなかった人、自民党に投票した人はどれぐらいいるのでしょうか。
その人たちが自民党以外に投票していたら、もしかして結果は違っていたのでは…。

投票に行かなかった人、自民党に投票した人は、結果として一党独裁に加担しました。
その責任は重大で、後からデモに参加してとりかえしがつくものではありません。
だから、もし心あたりのある人がいたら、その後悔をしっかりと胸に刻んで、
これからもずっと政治に参加し続けていただきたい。
そして次に投票するときには、感情や損得やしがらみなどではなく、
誰が、どの政党が当選すれば、いい国会になるかを考えていただきたい。

まずは投票率を上げましょう。投票が正しく反映されるよう選挙のしくみを変えましょう。
それが実現したときに初めて、日本に民主主義が生まれるのだと思います。
それをができるのはほかでもない、僕たち国民一人一人なのです。
 

▲TOP