www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


フォノケーブル
オーディオ関連の古い記事(DP-47F(ケーブル加工編))に、フォノケーブルの改造について質問をいただいた。僕の改造は自分の音の好みだけを基準にしたもので、とても人様におすすめできるものではないのだけど、せっかくのご質問なのでこの場でご返事させていただこうと思う。

記事を書いたのは5年前。そのときと使っていたDENON DP-47Fをいまも使っている。DP-59Lも試してみたのだけど、音質が好みの方向には変わらなかったのと、高価な機器は改造する勇気がなかった(笑)のとで、すぐに売っぱらってしまった。そしてDP-47Fのフルオートの便利さを再確認した。最初のDP-47Fは知人に譲り、いま使っているのは、キャビネットを補強してインシュレーターを変更した、やたら重たいDP-47Fだ。本体が15kgぐらいある。フォノケーブルについては、以下のような改造を施してある。

・ホット側は純正ケーブルをそのまま使用。ただし長さを30cm程度にカット。電圧が0.09mVしかないOrtofon MC20MkIIを使っているので、ヘッドアンプまでの距離をできるだけ短くしたかった。ケーブルを短くすると機器の配置が限定されてしまうが、音には変えられない。

・コールド側はモガミの2514を使用。ヘッドアンプとフォノイコの間に使うケーブルをいろいろ試した際、2514を使ったときの音の明瞭感、実在感がずば抜けていたので、それ以来2514を信奉している。キャビネットの裏蓋を外して、純正ケーブルのコールド側を基板からカット&絶縁。そこに2514をハンダ付け。ホット側も2514にするべきかもしれないけど、純正ケーブルに大きな不満がないので、とりあえずコールド側だけにしている。

・プラグは1個80円の安物プラグを使用。本当は元記事のようにプラグレスで、ケーブルを直結するのが理想だけど、実用性を考えるとそれは難しい。いくつかのプラグを試してみたところ、金メッキ端子は音が眠たくなるし。肉厚の端子は音が鈍重になる。端子が薄くて小さくて、ニッケルメッキしかしていない安物プラグが、ケーブルレスに一番近く、僕にとっては一番いい音だった。

・ヘッドアンプとフォノイコの間には、前述の通り、モガミ2514を使っている。こちらはホット/コールドとも2514。長さはやはり30cm程度。ストレートな音質で定評のある2534や、ちょっと高価な2497、リード線に使っている2重絹巻純銀線なども試してみたが、うちのシステムでは2514がダントツでよかった。あえてシールドはしていない。プラグはもちろんニッケルメッキの安物。


モガミ2514やニッケルメッキのプラグがいいというのは、高価なケーブルを使っている人からすると信じがたいだろうと思う。駄耳のケチンボ野郎としか思われないかもしれない。でもとりあえず僕のシステムで僕の好みの音を聴くには、これがいまのところ一番の選択だ。

音声ケーブルにどんな線材を使うかは、流れる信号の大きさと距離によって決まるのではないかと思う。基本的には、ケーブルは細くて短いほどいい。MCカートリッジのような微弱信号を伝えるならなおさら、太いケーブルは音を濁らせる。しかしケーブルが長くなると、今度は減衰の問題が起きる。それなりの太さがないと音が痩せてしまう。あくまで経験によるもので、何の裏付けもない話だが、僕はそう思っている。

結論…オーディオケーブル選びは難しい。自分でいろいろ試してみるしかない。

▲TOP
ATTACK25
140823_attack25.jpg

『SING OR DIE』以来ずっと買い続けていたドリカムのアルバム。
しかし今度の新譜は予約を見送っていた。

最近のドリカムはやたらとスケール感のあるバラードが多くて、
曲によっては美和ちゃんの声がひどくハスキーになっていて、
それを誤摩化すためなのか、やたら喉を開いてうなる唱法も
どうにも僕の好みとはかけ離れたものだったからだ。
東日本大震災と結婚という2つの大きな出来事があったせいか
詞の世界観がかなり偏ってしまって、少し辟易してきた。

しかも今度のアルバムには発表済みの曲が8曲も入っている。
なんじゃそりゃ、ベスト盤におまけの曲を足して新譜だって?
新曲もシングルの延長みたいなのばかりなんだろうか。
あぁ、残念…。

しかし、実際にリリースされたCDを試聴してみて、驚いた!
1曲目から8曲目までがどれもこれも僕好みの曲ばかりなのだ。
ドラムスはSATOKOさんではなく、彼女のお父さん(菅沼孝三さん)。
そうそう♪このタイム感。若い奴らにゃわからない微妙なリズム。
野呂一生さんに久々のDavid T. Wakerとギタリストも豪華である。
“サラダ”“モンキーガール”と、定番お遊びソングもしっかり投入。
なんだ、ドリも本当はこういうのをやりたかったんじゃないか。

ということで、結局買ってしまった『ATTACK25』。
どうやらこれは、8曲の新曲で構成されたミニアルバムである。
そこに8つのシングル曲をプラス。こっちがおまけという感じだ。
あぁ、楽しい。僕の好きなドリカムはちゃんと生きていたんだな。

改めて聴くと、シングル曲もなかなか悪くないなと思ってみたり。
でもやっぱ『AGAIN』の美和ちゃんは聴いてると苦しくなってくる。
美和ちゃんも来年50歳だもんなぁ。仕方ないよなぁ…。

寄る年波を実感して、同世代としては少し切ない思いを抱きつつ、
それでも新しいものに挑戦し作り続けるドリカムの凄さを思い知る。
お二人への尊敬と感謝とともに、手を合わせて聴かせていただこう。




Nori --

snappiさん、こんばんは
David T. Wakerはアルバムに何度か出てたのは知ってたけど
野呂さんも参加してるんだ
学生の頃、CASIOPEA仙台コンサートの打ち上げの場所にバッタリ遭遇
少しの間、野呂さんとギター談義した良き想い出が・・・


snappi --

それはすごい!>Noriさん
野呂さんとギター談義!?いい経験されてますね〜。
当時、カシオペアはそんなに聴いていなかったし
野呂さんに大して思い入れはないはずなんですが、
ソロを聴いたらしっかりテンションが上がりました。
いつの間にか刷り込まれているんですね〜(笑)


▲TOP
歌のうまい人
先日、ある専門学校の学生さんたちに
「歌がうまいと思う人って誰ですか?」
と訊かれてとても困った。

パッと思い浮かんだのは山下達郎さん。
あと桑田圭祐さんとか、小田和正さんとか。

そのうちに「B'zの稲葉さんは?」という声が。
間違いなくうまい人なのに、なぜかピンと来ない。
どうしてだろう…。

後になって考えてみたところ
僕が「歌がうまい」と感じる人には
いくつかの条件があるようだ。

1. ジャンルを問わず歌いこなす。
2. 声圧が人並み外れている。
3. 歌の世界を演じて見せてくれる。

音程やピッチの良さは言うまでもない。
絶対的な歌力というか歌心というか
歌だけど歌を超えちゃってる人。

そう考えてみると
初期の椎名林檎さんも凄かったな。
「SING OR DIE」の頃の吉田美和さんも。
歌を聴いたら、映像が見えて震えたもの。
(稲葉さんも、僕が聴いていないだけで
本当はここに入る人なのかもしれない。)

そういえば、May J.さんがテレビ番組で
松たか子版の方が有名なことを嘆いた
なんていう記事を最近読んだけど
松さんの歌が注目されているのは
まさにその歌心じゃないだろうか。
松さんの歌からは心の叫びが聴こえる。
(映画見てないけどそれでも聴こえる。)
May J.さんの歌は…どうだろう?

歌のうまさはカラオケの得点じゃない
ってことはもちろんご存知だとは思うけど
松さんの歌心がわかるようになれば
それを認めて自分にも採り入れれば
きっとオリジナル曲も売れるんでは。

その番組を直接見てはいないし
May J.さんの真意はわからないので
頭ごなしに言うのは失礼な話だけど
記事を読んでそんなことを思った。

歌がうまいのは歌がうまい人じゃない。
聴いた人を震えさせられる人。

と、僕は思う。

Nori --

snappiさん、こんばんは
自分も音楽好きで、以前は職場バンドのE.ギター担当でしたが
歌がうまい人って本当に「聴かせ上手な人」なんですよね
松たか子さんの歌は、小田和正さんの「クリスマスの約束」とかに出演してるの見て
上手だなって思ってました。
追伸
今月の30日、鈴鹿サーキットで行われる「スーパーGT」観戦のため
また、そちらにお邪魔する予定です。暑さ対策万全で(^_^;A


snappi --

お、またお越しですか!>Noriさん
いつも暑い時期なんですね(笑)
僕は相変わらずのオタクでひきこもりなので、
Noriさんみたいにアクティブな方、尊敬します。


▲TOP