www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
大晦日
年賀状、結局大晦日までかかってしまいました。
郵便局へ投函がてら、今年最後の散歩カメラ。

111231_swing.jpg

近所の公園には人っ子一人なく。

111231_park.jpg

しばらく撮ってたんですが、誰も通らない。
公園はもちろん、道を通り過ぎる人も、車も。
やっぱ大晦日なんだなーと実感。

111231_kane.jpg

お寺の鐘も撮ってきました。
これがもうすぐ鳴り響くわけですね。

みなさま、今年も一年間、おつかれさまでした。
よいお年を!

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*
スポンサーサイト

▲TOP
恒例
111229_mailbox.jpg

例年のごとく、いまだ年賀状作成中。
デジイチデビューの今年は写真ものにしたのですが、
なかなか思うような色で印刷が仕上がらない・・・。
なんとか許せる色になるまでほぼ半日試行錯誤。ひーっ!

元日に届かない方、申し訳ありません!m(_ _)m

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

8ペンス --

また味のある被写体ですなあ。


snappi --

ありがとうございます。>8ペンスさん
味ありすぎですね(笑)
使われているかどうかは不明です。


▲TOP
かき入れどき
111227_uekiya.jpg

男前シリーズ第3弾は植木屋編。
年末はかき入れ時だったりするんですかね。

僕も先週からなんだかかき入れどきに突入。
年賀状も掃除も進まない~( ̄▽ ̄;)

(↑単なる言い訳ともいう)

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
愛知県もいよいよ降ってきましたよ。
この時期に雪と言えば、やっぱこの曲です。



ユニコーンの『雪が降る町』。

仕事や年賀状や部屋の掃除に追われている年末。
この曲がどこからか流れてきて、ふと我に返る。
一年が終わることが急に切なく感じられてきて、
なんともいえないセンチメンタルな気分になる。
ほとんどパブロフの犬状態です。
なんだろう。この歌。

日本の音楽史上に残る冬の名曲のひとつ。
と、個人的には思ってます。

ジョンレノンばりの3連ストロークも小粋です。

▲TOP
メリークリスマス
111224_nanten.jpg

おとといアップしたさざんかの木の近くに南天の木もありました。
こちらももうこれだけしか実が残っていませんでしたが・・・。

クリスマスというイベントには昔からあまり興味のない僕ですが、
せっかくなのでリースの代わりにアップしてみました。

みなさま、よいホーリーナイトを(^^

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
冬至
111222_sazanka1.jpg

冬は色のある写真がなかなか撮れません。

ふだん花にはあまり写欲が湧かない僕ですが、
街角にぽつんと一輪だけ咲いているのを見たら、
さすがに撮っておかなくてはと思います。

111222_sazanka2.jpg

今日は冬至だそうで。

まだまだ寒い日が続きますが、
撮影できる時間が長くなるのはちょと嬉し(^^

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
赤い街角
111220_red.jpg

ちょっと前の写真。

信号待ちにふと横を見たら、赤いものがいっぱい目に入った。
夕日のせいで空気まで赤かった。

それぞれの赤をちゃんと撮り分けてくれるのがFlektogon。
このレンズを使えばなんかいい雰囲気に仕上がってくれる。

腕がなくても大丈夫・・・というわけではないんでしょうけど。
それなりに撮れてしまうのがありがたいような、ずるいような。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
レンズ(その3)
昨日はオアシス21の照明が夜景をぶち壊してるみたいに書きましたが、
オアシス21だけを見れば、雰囲気のある場所がそこかしこにあります。

111218_oasis1.jpg

今回撮影に使ったシグマのズームレンズは、取材の仕事用に買ったもの。

111218_sigma1.jpg

D5000のちっちゃなボディには全然似合わない重量レンズ。

111218_sigma2.jpg

望遠にすると、まるでバズーカ砲。ひどいバランスです(笑)

111218_oasis2.jpg

色の表現はもうひとつですが、光の表現は悪くないんじゃないかと。
ネットの情報によると、かなり逆光に強いとか。
今度、昼間にも撮ってみよっと。

こういう写真を撮ってみると、やっぱり広角も面白いですね。
20mmぐらいの単焦点、安く手に入らないかなぁ(笑)

*Nikon D5000 + SIGMA 18-200mm f3.5-6.3 DC OS /HMS*

▲TOP
イルミ
111217_sakae.jpg

所用があって、久しぶりに栄のオアシス21を通った。
たまたまシグマのズームレンズを持ち歩いていたので、
テレビ塔の写真なんぞを撮ってみた。

ISO800。f5.6。1/10秒。
手持ちで撮るのは大変でしたが、なんとか・・・。

*   *   *

でも最近、イルミを見てもワクワクしなくなったなぁ・・・。
クリスマス時期になるとどこ行ってもイルミだらけで、
なんというか、もう腹一杯な感じ。
それに整形美人だらけの韓国ドラマみたいな違和感。
若い頃と違って裏側が見えちゃうんですよね。
おっさんって悲しい生き物だな・・・。

それに・・・演出手法としてももう時代遅れな気がします。
もっと地に足の着いた表現が似合う時代なんじゃないかな。
夜の暗さや静けさをそのまま生かして楽しむみたいな、
新しい夜の見せ方がそろそろ発明されてもいいと思う。
人は進化していかなくちゃいけない。

*   *   *

でもまあ、テレビ塔のイルミはやっぱり綺麗ですよね。
オアシスのビカビカがなくて、向こうのビル群が見えてたら、
もっと粋な夜景になるのになーと思うのは、
僕だけでしょうか?

*Nikon D5000 + SIGMA 18-200mm f3.5-6.3 DC OS /HMS*

▲TOP
裏山
111216_bamboo.jpg

実家の裏山には竹が茂っています。

子どもの頃、竹は遊び道具のひとつでした。
竹とんぼ、竹鉄砲、水鉄砲、凧・・・。
弓矢を作ったこともありましたね。

竹で作った矢を飛ばすなんていう危険な遊びを、
よくもまあ平気でやってたもんだ。
いい時代だったな~。

おかげでいろんなことを学んだ気がします。

山に感謝・・・なんて、
当時は考えたこともありませんでしたが(笑)

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

三毛猫 -・・・-

ヤブの中に
何か
見えます?(爆)

私には、何も見えないんですが、見える人には、みえる、らしいですねぇ・・・


snappi --

まじっすか!?>三毛猫さん
見える人ってだれなんですか~?
やめてくださいよ~・・・。

思わず元画像を拡大して確かめたら、
赤とんぼが2匹いました。びっくり(笑)


▲TOP
訓練
111213_firemen.jpg

市民の安全を守るべく日々訓練を重ねる人たち。
この消防署(名古屋市特別消防隊第二方面隊)の
前の道路を通ると、よくこんな光景が見られます。
かっこいいですね~。
そして、ありがたいですね~。

上にいる人、なんだか科学特捜隊っぽい(^^

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
憧れのアンプ
111213_luxman.jpg


はい。探しました。次回に続く。

と書いたのは、今年2月末。このコラムは翌月に掲載するつもりでした。
でもあの震災が起きて・・・アンプの紹介とかしてる場合じゃなくなった。
あれから10ヶ月が経って、まだ何ひとつ解決してはいないのだけど、
書きかけのまま年を越すのは何ですので、そろそろ・・・。

*   *   *

MARANTZ PM-5で、30年前のアンプがいまでも十分通用することを知り、
次はいよいよ憧れのあのブランドにチャレンジすることにしました。

LUXMAN 58A

PM-5と同じ1979年発売。当時の価格は149000円とさらに高価なアンプ。
高価といっても、オーディオ業界じゃ大した価格ではないんですけどね。
僕みたいな貧乏学生には、ただ憧れて見ているしかない高嶺の花でした。

今回このモデルを選んだのは、ネットの評判がよかったのともうひとつ、
MCカートリッジ用のヘッドアンプ部の仕様がちょっと面白かったから。
0.05mV/2Ω~0.15mV/40Ωと、カートリッジのインピーダンスに合わせて、
最適なゲインに自動調整してくれるんです。
だから音がいいとは限りませんが、レコードに注力してる感じがいい。
Ortofon M20 MkIIとDENON DL103のどちらでも使えるし。

PM-5のときと同様、若干ガリ出るというジャンク品をお値打ちに入手。
でもいざ届いてみると、商品説明にはなかった重大な問題が発覚。
ボリュームにひどい摩擦があって、回すとギシギシとすごい違和感。
うわー、やられた・・・!

泣きそうになりながら開腹し、ボリュームの内部に接点復活王を投入。
復活剤の大量投入は内部のグリスを溶かして接点を汚す危険があるらしい。
できればやりたくなかったのですが、背に腹は替えられません。
これでもかと大量投入してグリグリ回すと、やがて滑らかになりました。
ガリもなくなって無事完動状態に。結果オーライです。

僕みたいにケチじゃない人は、ちゃんとケイグ使いましょう。
いや、それ以前にジャンク買うのやめましょう( ̄▽ ̄;)

*   *   *

音は評判通りの濃厚タイプ。気軽に音楽を楽しむPM-5とはぜんぜん違い、
この音でどうだ、と言わんばかりに、艶やかで格調高い音が迫ってきます。
フォノイコも期待通りのクォリティ。DENON、MARANTZより立体感があり、
内蔵ヘッドアンプもMCA-76に負けない力強い音を出してくれます。

しかしいざアナ→デジ作業を始めると、重大な問題が発覚しました。
背面に接続したプレーヤーのケーブルが、ノイズを拾ってしまうんです。
筐体が木枠になっている分、電源部のシールドが甘いんでしょうか。

スピーカーで音楽鑑賞する分には、気にしなければ気になりませんが、
ヘッドフォンをしながらのアナ→デジ作業ではちょっと許せないレベル。
仕方なく、アナ→デジ作業時は、DP-47F→MCA-76→58Aとつなぐことに。
結局、いちばんの魅力だった自動可変式ヘッドアンプ部は使い切れず。
なんだかなぁ・・・。

でもこのグレード感のある音はやはり魅力。
気軽に音楽を楽しむときはPM-5で、じっくり音を堪能するときは58Aで。
なんて、ちょっと贅沢な聴き方ができるようになりました。
(そんな金とスペースがあるなら、セパレートにしろという話も・・・。)

*   *   *

その後、PM-5は引っ越しをした知人のもとへ嫁ぐことになり、
僕のメインアンプは憧れのLUXMANに決定したのでした。続く。
(続く!?)

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
フェチ
111212_potato.jpg

フェンス越しの風景。

建物の隙間から見える空。

何本もの電線がクロス。

昭和的センスあふれる店。

看板の注意書き。

自転車。

通行人。

夕日。

・・・・・

僕を興奮させるアイテムがこんなに揃うなんて。

宝物発見!とばかりにシャッターを押したのだけど、
あのときの感じの何分の一しか写ってない気がする。

でもそれ以前に

他の人はこの風景見て興奮したりするんだろうか・・・。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
月食
111211_gesshoku.jpg

今日の写真はやっぱりこれですよね。
月が欠け始めた頃は雲で覆われて見えなかったのですが、
皆既月食になるあたりからきれいに晴れてくれました。

111211_gesshoku1.jpg

111211_gesshoku2.jpg

111211_gesshoku3.jpg

111211_gesshoku4.jpg

111211_gesshoku5.jpg

月暈のときと同様、ISO感度と露出を決めるのが大変でした。
おまけに三脚を車に置き忘れてしまったので、手持ちで・・・。

こんな写真、専門サイトがアップしてくれるんでしょうけど、
自分で撮りたくなるのがカメラヲタの性なんでしょうね(笑)

*Nikon D5000 + SIGMA 18-200mm f3.5-6.3 DC OS /HMS*

▲TOP
曇天
111210_kumorizora.jpg

僕の写真は人が主役のものが少ない。
人に興味がないわけじゃないんですが、なぜかモノに惹かれるというか、
人がいなくても人を感じさせてくれる風景に弱いんですよね。

たまに人を撮ってみても、こんなふうに風景の一部になってしまう。
仕事に向かう人たちの曇天な感じの表情を撮りたかったんですが・・・。

自分はやっぱ人見知りなんだなぁと改めて実感。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
食笑
111209_mogni.jpg

「mogni」って何語?と思ったら、「モグモグ~ニコッ」という意味だそうです。
店の雰囲気がとてもよくて、こんな店なら味もさぞかし美味しいだろうと思うんですが、
残念ながら僕、デミグラスソースのハンバーグにあまり惹かれないんですよね・・・。

んなわけで、一度も入ったことがないのに写真だけ。すんません。

*Nikon D5000 + Nikon Nikkor-H Auto 50mm f2*

▲TOP
レタス
111208_mos.jpg

期間限定胡麻だれチキンバーガー。

Jenaはレタスの色が綺麗に出ると聞いたので試し撮り。
ちょっと店の黄色い照明かぶってますが・・・悪くないかな?
バンズや肉の質感もなかなかよく出てますね。

味は・・・うーん。
おいしかったけど、やっぱ定番メニューのがいいな。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
蔵出し
111207_takegaki.jpg

最近じっくり撮るチャンスがなく、いい光にもなかなか会えない。
ということで、また蔵出しです。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
アート
111205_lamp.jpg

奥のアイテムはもっとボカした方がアートっぽい?
でも実際に目で見た印象はこんな感じだったような。

D5000のちっちゃなモニターで「OK!」と思っても、
パソコンで開くと、思ったのと違うことがよくある。
確信を持って露出を決められるようになるまでは、
絞りを変えて何種類か撮った方がいいのだろうか。

でも1枚だけのときの方が結果がいいような気もする。
うーん、奥が深い・・・。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
カセットテープ
111204_unnan1.jpg

引き出しの整理をしてたら、変なものが出てきた。
「ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン裏カセット」。
かなり若いときのものだけど、いまと同じ喋りしてる。
すでに完成されてたのか、その後進化していないのか。
たぶん両方ですね。そこがウンナンらしい(笑)

111204_unnan2.jpg

ソニーのカセットテープのサンプルとして配布したもののようです。
「UX46」って、使ってたなぁ。懐かしい。

まだ出だししか聴いていないので、今度ゆっくり聴いてみよう。

▲TOP
自転車
111203_bicycles.jpg

なんでみんな自転車の写真撮るんだろう?と思っていたけど、
実際カメラを持って歩くと、なぜだか自転車を撮りたくなる。
色や形がいろいろだから? 素材の質感が面白いから?

*   *   *

ところで自転車の交通ルール、ここらでちゃんと見直さないと。
メディアがちゃんと説明せずにただ車道走れっていうもんだから、
じいちゃんがふらふら右車線走ったりして危なくて仕方がない。
そもそも車道が原則なら、自転車横断帯があるのがおかしい。

1. 自転車の利用には申請登録が必要。
2. 自転車は車道の左車線が原則。
3. 車道の走行が危険な場合は歩道を走行。
4. 歩道を走るときは必ず歩行者優先で徐行運転。
5. 夜間走行には反射鏡や蛍光たすきを義務づけ。
5. ルール守らない場合は罰金を徴収。
6. ブレーキのない自転車はその場で没収。

たとえばこんな感じで(たとえばですよ)。
申請登録のための天下り法人とか作られちゃかないませんが、
いまの防犯登録管理しているところで対応できるでしょ。

ルールって、まともな人には本当に面倒で無駄なものだけど。
これだけ他人に配慮できない人間ばかりになったのだから、
それに合わせてルールを作らないと社会が成り立たない。
日本の自由主義は、悲しいですがそろそろ終焉のようです。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP
ひといき
111202_zakkaya.jpg

寒さのせいか、シックな写真ばかり続いてしまったので、
ここらでひといき、あったかい写真を載せたいなぁ~。

しかし探しても探しても僕の写真は暗いものばかり。
ようやく1枚、見つけました。

少しでも小春日和な気分になっていただけたら幸いです。

*Nikon D5000 + Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8*

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。