www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
LP vs CD
音楽コラムでも紹介しているスライの『FRESH』

SLY and the Family STONE_FRESH

なんですが、ずっと以前から気になっていることがあります。

最初に聴いたのは25年ほど前。当然LPレコードでしたが、
その後CD時代になってしまったのでCDも買いました。
聴いてたまげました。入ってる音がぜんぜん違う。
音質がどうとかではなく、全く違うアレンジなんですね。

最初に耳を疑ったのは2曲目の『If You Want Me to Stay』。
♪LPバージョン
♪CDバージョン

ははは。何度聴いても笑っちゃうぐらい違います。
初めてCD聴いたときは海賊盤かと思いました。

ラストの『Babies Makin' Babies』にいたっては。
♪LPバージョン
♪CDバージョン

完全に違う曲になっちゃってます。
こんなことがあっていいのか?

この他の曲もほとんどがどっかかんか違ってます。
CD出すときにわざわざミックスし直したわけですよね?
なんでそんなことを?このアルバムだけ?

そして・・・
いま新しいCD買うとどっちの音が入ってるんでしょう?

気になる・・・。
スポンサーサイト

8ペンス --

全然違う曲っすねぇ。
こんなこともあるんですか?
ビートルズでも曲の速度や議事ステレオで
微妙に違うバージョンがありますが、原型は留めてますもんねぇ。


snappi --

ねー。>8ペンス
すごいでしょ。
ビートルズでいうと海賊盤ぐらいの違いですね。
とか言ってると、またビートルズ聴きたく・・・。


てんさい --

日本盤の初版は、間違った音源(ミックス途中?)でプレスしたようで、再販からはオリジナルと同じになっているようです。当時海外のコレクターでも有名になってました。ある意味、日本版の初版は海賊版より価値有りかも。しかし、これにOK出したプロデューサーって、音楽業界にかかわる立場としてどうじゃろか?


snappi --

なるほどー。>てんさいさん
解説サンキューです。
オリジナルに戻ってるならひと安心ですね。
このCDは大事にコレクションしておくようにします。
でもどうやって間違ったのか不思議でしょうがないですね。
ミックス途中というより完全に別テイクに聞こえるし、
ミックス途中で没にしたものが出てきちゃったのかな?

> しかし、これにOK出したプロデューサーって
アナログのCD化が超テキトーに行われてた証拠ですね。
当時のCD化されたアルバムの音がひどいのも納得・・・。


▲TOP
まちがいさがし
チャレンジしたことある方ならご存じだと思いますが・・・

100725_saizeriya.jpg

サイゼリアのキッズメニューの間違い探しって、
ハンパなく難しいですよね。
10か所中、8か所しか見つけられないまま、
後ろ髪を引かれる思いで店を後にしました。

2ちゃんねるあたりに答えがあるだろうとググってみたら、
ありました。「サイゼリヤ間違い探し、最速攻略スレ」

えー!!!
そこ穴があくほど見たトコなのに!?

問題が変わる前にもう一度行って確かめなくては。

ミノル -僕は-

1ヵ所だけ見つけられないでいます


snappi --

負けた・・・>ミノルさん


▲TOP
レディガガ
8ペンスさんのmixiで知ったんですが、

ショーン・レノンに招待されて、ジョンのピアノでピアノを披露したレディー・ガガの画像を、ショーンが自身のツイッターに掲載、するとジョンのファンからクレームが殺到! 画像がすぐに削除された

んだそうです(笑)

奇行という意味ではジョン様も相当やばいことしてましたし、
露出度においても全裸でレコードジャケット作ったジョン様の勝ち。
もし生きてたら、レディガガのことは決して嫌いじゃなかったんでは?
(僕が嫌いじゃないのでそう思うだけかもしれませんが・・・。)

そもそもショーンやヨーコさんがOKしたものをどうこう言う権限が、
いったいどこのどのジョンレノンファンにあるというのでしょうか?
「殺到した」ということは複数のクレームがあったわけですよね。
は?、鬱陶しい!

ジョン様を勝手に自分の物だと勘違いしてる輩、ホント多いんですよね。
そいつらはたぶんヨーコやショーンが羨ましく疎ましいのでしょう。
だったらショーンのTwitterのフォローとかしなきゃいいのに。
は?、鬱陶しい!

鬱陶しいのならスルーすればいいという話もありますが、
ジョンレノンファンを名乗る者としては黙っておられないわけで。
久しぶりに「SOME TIME IN NY CITY」とか聴いてみようかな。



▲TOP
お年玉
お年玉付き年賀はがきの当選賞品引換は、今月26日が〆切だそうです。

http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2010/0124_01.html

すっかり忘れていたのであわてて確認しました。
今年もお年玉切手シートだけでした。
それでも期限過ぎたらもったいないですからね。
僕みたいに忘れていた方はぜひご確認を。
AQUOSとかWiiとか当たったらぜひご一報を(笑)

▲TOP
御嵩町なう
先日の大雨で実家が床下浸水の被害に遭い、ガレージと納屋がどろどろになってしまったというので、片付けのため急遽帰省中。山を背にしているので土砂崩れは心配していたのですが、まさか水にやられるとは。目の前の国道が川のようになり、流れてきた水が向かいの縁石に跳ね返ってうちの方へ波打ってきたらしい。近所では子供の頃遊んだ小さな川が氾濫して、近くの家が床上浸水に遭ったそうです。生まれてこのかた水害なんて人ごとだと思っていたのですが、いやあ、もう何が起こるかわからない時代なんですねぇ。

父と一緒に泥だらけの農機具やら肥料やら大工道具やらなんだかわからない物やら運び出して、中にたまった泥水をほうきで掃き出す。水をほうきで掃くというのはなかなか地味な作業で、掃いても掃いてもまたどこからか水が溜まり、まるで修行僧の気分でしたが、まぁ、いい運動と気分転換になりました。八百津では亡くなった方もいらっしゃいますし、トラックが10数台も流された会社もありますから、このぐらいで済んだのは運が良かったと思わなくては。

しかし天の怒りの声は年々大きく強くなりますね。地球温暖化防止だとか、生態系の保護だとか言いながら、どうにも人間中心の考え方しかできない我々への警告なんでしょうね。しかし自然を敬い感謝する持った人間は、政治家にも企業家にもなることができないこの時代。自然の報復を覚悟して生きていくしかないのでしょうね。きっと。

被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

▲TOP
Twitter
ひとりごとは心にしまっておくタチなので(笑)登録したまま放置してあったんですが、つぶやきゼロというのもさびしいので、ブログの更新通知を設定してみました。この記事更新すると通知されるわけですがはたして。

snappi -自己レス-

うまくいきました。
twitter.com/snappi09

でもこんな平日の昼間に遊んでること客先にばれてしまうな。
その分休日や夜中にも働いてますんで(笑)


▲TOP
2大政党にイエローカード
昨日の僕の指摘にもかかわらず(笑)相変わらずデカイ顔をしてテレビで喋っている谷垣さんですが、今朝の中日新聞に僕と同じ視点で「2大政党にイエローカード?」という見開きの特集が組まれていました。2大政党の衆院選との得票数比較。ちょうど自分で調べて今日のネタにしようと思っていたところなので手間が省けました。

■比例代表全投票に占める各党の得票率

 民主:2009衆院選 42.41%
    2010参院選 31.56%

 自民:2009衆院選 26.73%
    2010参院選 24.07%

民主への期待が大きく下落したのは言うまでもないが、自民は惨敗だった衆院選よりさらに数字を落としている。7月5日時点での政党支持率(毎日新聞)、民主32%vs自民15%と比べれば若干巻き返しているものの、自民が民主とともに、そして前回以上に「NO!」を突きつけられたのが、今回の参院選なのである。

選挙区での結果は、立候補者個人に対する思いや組織力による部分が大きい。地域ごとの事情によるところも大きい。ほとんどの県が1?2議席しかないので、少数政党に勝ち目がない。国民の意志がより明確に現れているのは比例の方だと思う。自民はこの結果をもっと真摯に受け取るべきだ。マスコミもそこをもっと厳しく指摘するべきだ。

*   *   *

ついでにもう一つ僕が気になっている、みんなの党についてひとこと。マニュフェストがわかりやすい。立候補者も面白い。浮動票が集まった今回の結果は予想通り。

でも正直いうと、もっと獲れたんじゃないかと思っている。渡辺さんの感じが良かったら、10議席どころか20議席近く行けたんじゃないだろうか。あの人は口が悪いというか、攻撃的すぎるというか、怖いというか・・・あれじゃ弱者や女性の票が入らない。もったいない。彼がこのままなら次の選挙はこのまま。議席をさらに増やしたければ、彼が変わらなくてはいけないと思う。

*   *   *

菅さんの政治力、管理能力に対する疑問が蔓延しているのに、それを知ってか知らずか“消費税”に責任を押しつけようとしている民主党については、もやはコメントする価値もなく、さらに支持率を落とすことは間違いない。どうしようもない結果に、どうしようもない総括で迷走を続ける政界を、さらに混乱させるマスコミ。今回の選挙が上昇傾向の経済に冷や水を浴びせることになりませんように。どうか?・・・ (ー人ー;)

ncc1701e --

みんなの党コメント、snappiさんに1票!
全く同意見です。
テレビ出演の際、他の党の出演者に対する発言の仕方はとても残念です。


snappi --

やっぱり・・・>ncc1701eさん
同じように感じている方いらっしゃるんですね。

なんだか他の党の話は聞く耳持たんって感じで、
これじゃ国民の声も聞いてもらえないのかなぁと心配に・・・。
政治家にはポリシーはもちろん大事ですが、
好感度もかなーり大事ですよね!


▲TOP
んなわけない
どのテレビ局も「民主大敗」「自民躍進」という論調である。
一度は民主に流れた国民が自民に戻ってきたと。
確かに当選者の数を比べるとそんなふうに見える。
でも日本国民ってそんなに馬鹿か?

比例区を見てみる。
0時51分時点で、民主の得票数が3,716,739票。
自民はというと、2割以上も少ない2,912,312票。
決して自民党を支持する国民が増えたわけではなさそうである。

投票率を見てみる。
去年の衆院選69%。今回は57%。
有権者の12%(ざっと数えて1200万人)が投票をやめちゃっている。

つまり、
前回、いちるの望みをかけて民主党に投票した人が、
やっぱり民主もダメなんだとあきらめてしまった。
その結果、浮動票に左右されない自民党の議席が増えた。

そんなところじゃないだろうか。

この大雑把な分析が正しいかどうかはよくわからないけど、
議席の数だけを延々語り合っている政治家とマスコミを眺めながら、
この国を動かしている人たちはどんだけ薄っぺらなんだろうと、
なんだか泣きそうな気持ちになってしまった。

今回投票行くのやめちゃった人。
もしちゃんとお灸をすえたいと思うなら、棄権は無意味。
本当は民主/自民以外に入れなくちゃ意味がないんです。
そういうことをちゃんとテレビで言ってくれる人、
ちゃんと出てきてくれるといいなぁ。

▲TOP
ミュラー
というわけでドイツvsスペイン。
ドイツ負けちゃいましたね?。
今回もまた結果を知っての録画観戦でしたが、
それでも手に汗握る好ゲームでしたね。
入らないってわかってるシュートで何度声を上げたことか(笑)

ひとことで言えば、ドイツの中盤からの縦パスを
見事に封じたスペインの戦術勝ちということなんでしょうけど、
でもあんな高いラインを一試合通して保ち続けるなんて、
実践できるチームが他にあるんでしょうか。
スペインが優勝候補筆頭に挙げられていた意味がよくわかりました。

ドイツとしてはやはりミューラーの出場停止が痛かったですね。
彼が出ていてもどうにもならなかった気もしますが、
もし出ていたらもっともっと面白い試合になってたはず。
アルゼンチン戦で安易に警告出した審判の責任は重大です。
おまいがイエローカードじゃ!



そもそも今大会はハンドに対する警告基準がおかしい。
たまたまボールが手に当たっただけでイエローが出ている。

サッカー競技規則第12条を読み直してみると・・・
偶然手に当たっても反則じゃない>プレー続行
意図的だった時点で初めて反則>直接フリーキック
決定的な得点機を手で止めた場合>一発退場
となっており、ハンドでイエローなんか出ないはず。

・・・え!? 偶然だったらハンドOKなの!?
だったら例のアンリの件も誤診じゃなかったってことか?
それはそれでルールに問題ありですね(苦笑)

審判さんたちにはカード一枚の重みをもっと感じていただき、
次の大会までにきっちりルールを整えていただきたい。

おっと、その前にオランダvsスペインですね。
決勝ぐらいリアルタイムで見なくては。

*   *   *

おっと、その前に参院選がありましたね。
こっちは楽しみではないけど、結果は気になります。
選挙速報とW杯、両方見てたら貫徹ですね。
うむ?・・・。

▲TOP
軍隊
先週末は朝早い仕事が続いていたので、W杯観戦は自粛。今日ようやく録画してあったアルゼンチンvsドイツ戦を見ました。ドイツは強いですねぇ。黒いユニホームでガッチリ統制とってディフェンスする姿は、まるで軍隊。テベスはさながら全身に銃弾を浴びながら突進する勇猛な兵士といったところでしょうか。さすがのメッシも個人技だけではどうにもなりませんでした。

そしてクローゼの楔の強固なこと。フィニッシュの確実なこと。あれがセンターフォワードの仕事なんですね。本田選手もよく頑張ってましたが、やはり付け焼き刃だったんだなぁと思い知らされました。彼を軸にシュバインシュタイガー、ポドルスキー、そしてミューラー、エツィル、それぞれが連動して攻める姿もこれまた統制のとれた軍隊のようでした。恐ろしや。

僕の優勝予想は、1位ドイツ、2位アルゼンチンだったので、この試合は楽しみにしていたのですが、これほど明確に差がつくとは。いまのサッカーは個人技よりチーム力なんですね。これで僕の中ではさらにドイツ優位となったわけですが、どうなるかわからないのがW杯。次のスペイン戦も楽しみです。

三毛猫 -その独逸が・・・-

負けちゃいましたね!
う~ん、予想が悉く外れます(汗)


snappi --

スペイン>三毛猫
見事な作戦勝ち。そしてよく走りましたね。
岡田さんがやりたかったのはああいうのなんでしょうね。
ドイツはミュラーがいなかったのが痛かったですが、
いてもやっぱりスペインだったような。
ドイツにとっては相性の悪い相手なんですね。


▲TOP
4年ぶり
なんと4年ぶりに、パサートギャラリー更新しました!



'93年VR6バリアント。「クラシックグリーンパールエフェクト」というVR6専用カラーです。発売当時、日本国内に60台しか登録されていなかったとのこと。いまどき新たなお仲間に出会えただけでもびっくりなのに、なんとレアな!( ̄▽ ̄;)1万km台の中古を買って15年ということですから、もうワンオーナー車みたいなものですね。すばらしい!

本当は4月に投稿いただいていたんですが、アップが遅くなってすみませんでした。今後とも末永くおつきあいのほど、どうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m>さんきちさん

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。