www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲TOP
パサくんRCA化計画(その2)
自動車に乗り始めてかれこれ20年。若い頃オーディオマニアだったこともあって「どうせ車でいい音なんか聴けやしない」と思っていた僕は、これまで一度もカーオーディオをいじったことがありませんでした。それでもAV機器の配線は大好きなので、ヘッドユニットを換えるぐらいワケないと思っていたんですが・・・いやいやどうして。なかなかの難関でした。

CDF-RR1を落札したときにはすっかり忘れてたんですが、B3パサートの純正スピーカーはちょっと特殊な設計。デッキからの音声出力はいったん左右のアンプ内蔵ドアスピーカーに接続され、そこからフロント・リアスピーカーへと配線されているんです。配線が各スピーカーに直接つながっていないので、簡単にポン付けというわけにはいかないという話を以前お仲間から伺っていたんですよね。あちゃー・・・( ̄▽ ̄;)

しかもパサくんはスピーカー配線用のコネクタも特殊らしい。当時の欧州車の純正デッキは背面パネルが10ピン・8ピン・8ピンの3段に統一されており、ほとんどの車種は下2段の8ピンコネクタを使っているようですが、パサくんのスピーカー配線はなぜか1段目の10ピンコネクタを使ってるんですよね。ま、コネクタをカットして直結すればいい話なんですけどね・・・。

スピーカーと電源ラインの配列についてはうちのBBSで、5年も前に詳しい報告をいただいていました(0120さん感謝!)。当時は自分とは無縁の情報と思っていたのに、まさか今頃お世話になるとは・・・。BBSの情報+ALPINEB4バラシ情報、さらには英語のサービスマニュアルを参照しながら実物と照らし合わせ、配列を概ね把握。

しかし、いざ接続してみると・・・
081030_speaker.jpg

1本にまとめられてしまっているマイナス端子の処理に大困惑!

BBSの富山の男さん曰く「社外品の?の配線を纏めてGRDに繋いでいる」ということなので真似してみましたが、全く音が出ない。どうやらドアスピーカーの内蔵アンプがボディアースされているために、CDF-RR1の保護回路が反応している様子。0120さんに習ってマイナス配線をすべて外してみても、音が出るには出るんですがスピーカーから高周波ノイズが出まくり。うーん、困ったゾ・・・。

ちょっといじってみてはあきらめ、またいじってみてはあきらめ、と二日間を過ごした末にようやく思いついたのが、スピーカー側のマイナス配線をボディアースしてやるという方法。これが大正解で、耳障りだったノイズがぴたりと止まりました。車に詳しい人ならすぐに気づいたかもしれませんけどね・・・( ̄▽ ̄;)デッキ側のマイナス配線はそのまま宙ぶらりんで大丈夫でした。

取付金具については近所のオートバックスさんに相談の上、同じ4つ穴方式だった当時のゴルフ用取付キットKG-92DXを購入。金具とアンテナアダプタはそのまま流用できました。電源配線も同じ8ピンなのでそのまま使えるかと思ったら、アンプリモートが必要な13番に配線がありませんでした。使わない17番の赤ケーブルを外し、13番に移動してこれも流用することに。
081030_dengen.jpg
 ↑KG-92DXの電源配線         ↑パサくんの電源配線

*   *   *

あとはCDF-RR1の説明書通りにスピーカーと電源ラインをつなぐだけ。iPod用ケーブルBI-CAR605にも電源を引っ張って、RCAケーブルをCDF-RR1に接続すれば、パサくんのiPod・RCA入力化計画は見事完了です。パチパチパチ・・・ ( ̄▽ ̄)/

肝心の音の方もなかなかよい感じです。音の輪郭が柔らかく滑らかになり、表現がより繊細に。最初はちょっと弱々しい感じもしましたが、たぶんいままでの音が乱暴だったんですね。埋もれがちだった小さなパーカッションの音もクリアになり、よりピュアでリアルな音楽を楽しめるようになりました。思い切ってヘッドユニットを変えてよかったと思います。

*   *   *

そしてこのあと、さらにもうひと手間かけてみました。今頃誰の役に立つとも思えないこんな話題を長々と書いて申し訳ないんですが、まあ、記録を兼ねたいつもの報告ということで、あと少しだけおつきあいを m(_ _)m(さらにつづく)
スポンサーサイト

▲TOP
パサくんRCA化計画(その1)
風邪と仕事が重なってしばらく更新サボっておりました。
あっという間に一週間。そして10月ももう終わりですねー。
まさしく光陰矢の如し。

更新サボってた理由はもうひとつありまして、久しぶりにパサくんいじりに精を出していました。本当は先週の金曜あたりに報告コラムを書くつもりだったんですが、手間取ってしまいこのような事態に( ̄▽ ̄;)

*   *   *

先日iPod関連のコラムで「そろそろカセットアダプタ経由じゃなくて、ちゃんとRCA入力してやらなくちゃ」と書いて以来、妙にRCA化熱が高まってしまった自分。ネットオークションを徘徊してCDチェンジャー探しをする日々が続いておりました。なんでRCA化にCDチェンジャーかというと、B3パサートの純正デッキ(Panasonic製ETY430M)のRCA入力は、CD(もしくはMD)チェンジャーをつないでやらないと認識してくれないから。

ALPINE、PIONEER、KENWOOD製のデッキには、ブライトンネットから素敵なアダプタ(ALPINE・MALPINE・AIPIONEERKENWOOD)が出ているんですが、残念ながらパサくんのデッキはPanasonic製。どれだけ調べてみても、CDチェンジャーを接続する以外に方法が見つからない。SONY製なら、こんな裏技もあるらしいのですが・・・。

15年も前のデッキに対応したCDチェンジャーはそうそう見つかりませんが、同じ8ピンコネクタのPanasonic製チェンジャーはたくさん出回っています。CDを聴くわけではないので、読み込み不良のジャンク品でもよいのですが、どうも食指が動かない。デッキを騙すためだけに取り付けられてるチェンジャーというのも邪魔だし、なんだか哀れだし・・・。

そうこうしているうちに気になりはじめたのが、DENONやらナカミチやらの高級ヘッドユニット。かっけ?。元オーディオマニアの血が騒ぐ。どうせいじるなら、中途半端なことしないでRCA入力付きのヘッドユニットに換えてしまおうか。でもこんな高いもの買えないなぁ。安いのはなんだかDQNなデザインだし、最近のは前面AUX入力ばかりだし・・・。

*   *   *

やっぱりあきらめてCDチェンジャーでお茶を濁そうかと思ったそのとき、目の前に現れたのが、SANYO製CDF-RR1。シルバー&ブラックのシンプルなデザイン。背面RCA入力付き。ネットにはほとんど情報がないけど、ナカミチのOEMやってた会社だし、出品者いい人そうだし、何より・・・2500円即決! これならもしうまくいかなくてもあきらめがつくよね。

と、自分に言い聞かせつつ、ポチ・・・。

081027_cdfrr1.jpg

B3オーナー歴11年。とうとう禁断のオーディオいじりに手を染めることになってしまいました。しかしこのとき僕は重要なことを忘れていました。いままでオーディオに手をつけなかったのは、「できるだけ純正のまま乗り続ける」という僕のポリシーの他に、もうひとつ大きな理由があったことを。(つづく)

▲TOP
SSD
少し前にwaoさんが取り上げていらっしゃったスピリカさんSSDネタ

Macmini Core2Duo 2.16GhzにIntel X25-Mを搭載してのOS10.4.11起動時間が、な、なんと10秒足らず!( ̄▽ ̄;)



僕のマシンではSATAカードがボトルネックになって、あまり効果はないのでしょうけどね。これは実に興味深いレビューです。

試してぇ?。でも高っけぇ?。
どなたか試された方はぜひご一報を!

▲TOP
新・MacBook & MacBook Pro
出ましたね?。まさかの兄弟デザイン
iPhoneもしくはiPod touch風ということなんですかね。売れてる商品にあやかろうというのはわかりますし、これはこれでよいデザインだと思いますが、なんとなくWin機っぽくなった気も・・・。もう一歩踏み込んで、オリジナリティを出してほしかったな?とも思います。

MacBookとProが統一デザインになり、スペック的にもお値段的にも差がなくなったのかな?と思いつつ、よくよく見てみると・・・あぁ、ちゃんとハイエンドとローエンドは別デザイン(旧デザイン?)でちゃんと設定してあるんですね。でも17インチ欲しい人は迷うだろうな?( ̄▽ ̄;)

しかし、久しぶりに最新機種買ったのに、あっという間にOld Friendsな僕のMacBookちゃん。これだからやっぱパソコンは改造できなくちゃですよね?。(←大間違い)

Apple Store(Japan)

三毛猫 -インプレ-

LED採用○
クリックボタンなし△(使い勝手が判らないので)
FWなし×
背面からの色観も、いまいちかな~
でも、キーボードが光るのは○
値段は×
どうせマイアーチェンジする時は値下げするクセに・・・


snappi --

クリックボタンもないんですね~。>三毛猫さん
慣れれば大丈夫そうですが、反応とかちょっと不安ですね。
しばらくは評判待ちがよいかもしれません。

↓でもビデオを見たらちょっと欲しくなっちゃいました。
www.apple.com/jp/macbook/#designvideo

素材と製法にこだわるなんて・・・。
先を行きすぎて世間に理解されないアップルならでは(笑)


▲TOP
ZIPドライブ
なつかしいのが出てきました。
FUJIFILMブランドのiomega 100MBモデル。100MBって(笑)
ギガバイトのフラッシュメモリが安価で手に入る時代に何ですが、
何かの理由で必要な方もいらっしゃるかもと思いまして、一応出品。

081012_iomega.jpg※写真は借り物です。

ACアダプタとSCSIケーブルと中古メディア7枚付き。
動作環境等不明。OS 9.2.1では動きました。
OS Xではたぶん使えないと思います。

例によって無料、着払い送料のみご負担となります。
ご希望・お問い合わせはこちらからメールをお送りください。
一週間お問い合わせがなかったらゴミ箱行き予定です。

▲TOP
スライ
僕が20代の頃から、僕の中でずっと第1位をキープし続けているミュージシャンがいる。スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ビリー・ジョエルジョン・レノンレイ・チャールズボブ・マーリー・・・いままで多くのミュージシャンが僕に衝撃を与え、影響を与えてきたけど、その中でもスライは別格だった。彼の音楽は異次元にあるというか、この先誰も、彼以上に新しい音楽を生むことはできない、そういう音楽だと思った。実際、彼が一線を退いてから30年以上経ったいまも、多くのミュージシャンたちが彼の音楽をなぞり続けている。

そんなスライが日本に来てライブをやった。生のスライ!? 動くスライ!? 歌うスライ!? しかし、それはソロコンサートではなく、東京でのジャズフェスへの参加という形だった。愛知県に暮らし、ジャズに興味のなかった僕は、完全に見逃してしまった。

でも先週、その『東京JAZZ』の特集番組でようやくスライに会えた。
すげぇ。ホントに動いてる。歌ってる。

途中、歌詞を忘れてしまったり、早く歌い出してしまったり、バックバンドが探り探り演奏している場面もあったけど、それでもやっぱりスライだった。カッコよかった。シンシア・ロビンソンのシャウトが聴けた(全く衰えていなかった)のもめちゃくちゃ嬉しかった。会場にはスライ信者が集結していたようで、スライの一挙手一投足に異常な盛り上がりをみせていた。

*   *   *

実はその番組で、スライよりも興奮させてくれたミュージシャンがいた。スライの前に演奏したサム・ムーア。言わずと知れたサム&デイブのサムである。

恰幅のいい爺さんが、もの凄いグルーヴで、もの凄いヴォーカルを聴かせてくれる。1935年生まれ、ということは・・・73歳!? 僕の父とほとんど同じじゃん(笑)最後はさすがに疲れていたけど、それもまたご愛敬。バンドも気持ちよかった。こんな手放しで楽しめるライブを見たのは久しぶりだった。

東京に住んでいる友人はこのライブを生で見たらしい。羨ましい。一生もんだ。僕は一生の不覚だ。でもせめてテレビで見られてよかったなぁ。こういう幸せを知っている自分は本当に幸せ者だと思った。サンキュー!>スライ&サム

mikarira --

おひさ。

アメリカから帰ってきたスナオは、「スライ」を神だと言っております。最近の彼の部屋からは「ザフー」や「XTC」なんかが流れてて、ちょっとオセンチな気分になります。

学校イケてないので卒業は怪しそうなんだけど、母としては生きていてくれたらいいかと思う毎日です。

そういやー、ジューダスプリースト来てましたね。


snappi --

スナオくん、ナイスセンス!>mikariraさん
会場の信者さんたちも神と思ってる感じでした。
僕らにしてもリアルタイムじゃないですからね。
平成生まれだろうが、同じことなのかもしれません。

ジューダスも来てたんですか~。
僕は・・・とりあえずスルーということで(笑)


てんさい -神-

スライがプリンスやJBみたいな人間だったらもっと活躍したのかも、でも「暴動」みたいなアルバムは生まれなかっただろうなと思う今日このごろです。
ちなみに東京ジャズのステージで、スライが登場して一発目の曲はなんと「Don't call me nigger, whitey」でした。これはスライ本人の発想以外のなにものでもないに絶対決まっている。どんなけかっこいい人間なんだ。ふう。


snappi --

きっと・・・>てんさいさん
あの人はあれでいいんですよね!
てんさい氏に連絡もらったおかげでTV見損なわずに済みました。
改めましてサンキュー!( ̄▽ ̄)

> 一発目の曲はなんと「Don't call me nigger, whitey」
ってことは・・・エブリデイピープルもスライ抜き!?
体力温存のためでしょうか、好き放題ですな。
さすが「神」(笑)


▲TOP
プラスのハート
テレビを見ていたら、ノーベル物理学賞を受賞された益川敏英教授の講演会で、参加した男子学生が教授に質問する様子が紹介されていた。

「物理が嫌になったことはありませんか?」

同じ日の夜、ジャズピアニストの上原ひろみさんの公開ライブでは、音楽を勉強中という観客の女性が上原さんに質問していた。

「ピアノを辞めたいと思ったことはありませんか?」

お二人とも苦笑していた。もちろん答えは「NO」。
きっと物理やピアノが楽しくてしょうがないのだろう。
そして何をしても楽しんで取り組める人なんだろう。

才能とともにプラスのハートを持っているかどうか。
成功者と凡人の差がとてもよくわかった気がした。

▲TOP
ラストチャンス
VCさん社長日記に、各社G4 CPUアップグレードカードの状況が報告されています。もしかしておとといのコラムにお答えくださったのでしょうか? もしそうなら大感謝!m(_ _)m

しかし内容はというと、ワクワクする話ではなく、むしろダメ押しされた印象。VCさんに「ラストチャンス」と言われてしまっては、かなり切ないものがあります。こうなったらVCさんブランドで新製品開発とか!!!・・・無理ですよね( ̄▽ ̄;)

とはいえ円高のいま、アメリカ製品はかなりお買い得なはずでは? VCさんでは取り扱い終了になってしまったNewerTechの7448のメーカー価格も、2GHzシングルで399ドル、1.8GHzデュアルで699ドルということなので、1ドル=100円前後なら手が出そうな気がします。

僕の胡散臭い7448/2GHzは、現在1.73GHzで安定稼働中です(苦笑)RADEON9800Proを入れたときに熱対策でクロック下げたまま。とてもいいカードだと思いますし、VCさんで取り扱い再開されるといいのにな?なんて勝手に思ってます。

さて、ラストチャンスどうやって楽しもうかなぁ・・・。

GE400 -最後の・・・。-

どうもしばらくでした。
私もVCさんのブログ読みました。やはり・・・そうだったかと。
もうそろそろかなと感じてはいたんですが、遅れてきた改造派の私としてはとても残念ですね。
あのラデ事件(笑)以来、おとなしくしていたかと言うと、実はそうでもなく。
最後の強化のつもりで(ホントか?)Sonnet1.8Gdualを買ってしまいました。もちろん中古で。(苦笑)ずーっとGIGAを使ってみたいと思っていたんですが、出物が無く、おもしろみに欠けるのですが安定重視ということで。
あとは、ビデオカードくらいでしょうか。Geforce6800とかX800とか。
って、そんなことを考えてるまったくもって懲りない自分でした。


snappi --

懲りませんねぇ~>GE400さん
Sonnet 1.8dualは、最近よくオークションに出ているので、
僕もなんだかとても気になっておりました。
お気持ちよーくわかりますよ。
ビデオカードも右に同じです(笑)
費用対効果とか言わず、楽しければそれでいいですよね。ね!


▲TOP
篤姫
篤姫』がまた自らの視聴率記録を更新したそうです。すげぇ! 月9でも20%前後がやっとというこのご時世に28.1%ですよ。 ふだん大河ドラマを見ない僕が見てるぐらいですから、そういうことなんでしょうね。

生臭い史実を追いながらも、大奥を中心としたヒューマンドラマでストーリーを展開していく演出と脚本の巧みさ。人気沸騰の堺雅人さんはじめ、各役者さんの魅力を引き出す絶妙なキャスティングと、それに応える役者さんたち。大河独特の暑苦しい芝居をする人が少なく、自然な演技を見せてくれるのもありがたい(あおいちゃんの声色芝居だけはちょっと気になったりもしますが・・・)。

ドラマは現在、朝廷と組んで京を守る薩摩藩と、尊王攘夷派の長州藩との無益な戦いの最中。当初は日本の未来を考えていたはずなのに、いつの間にやら民を置き去りにして主導権争いと陣地取り合戦にかまける両者の姿は、まるでいまの自民と民主のようでもあり思わず苦笑。この場面をあえて国会の時期に合わせたわけではないのでしょうけど( ̄▽ ̄;)

次週は討幕という共通の目的のために敵同士手を結ぶ薩長同盟の回。自民と民主もいい形で話し合いができればよいのですけど。残念ながら彼らには共通の目標はなさそうですね。国民置き去りの議席取り合戦、いったいいつまで続くのやら。せめてドラマが終わるまでには、国の行く末が多少は読める状況になっていてほしいものですが、はたして。

mikarira --

私もいつも大河みないのに篤姫は見てるよ~

なんか色々考えさせられるね。
私は桜田門外の変で井伊大老が殺される回が感慨深かったよう。ううまるで井伊は私のようだ・・・と(笑)

時代が大きく変わろうとする
これがカオスの縁というものなのでしょうか?


snappi --

井伊が私って・・・(笑)>mikariraさん
いったいどんなコワイお仕事をしてらっしゃるのやら(笑)
ストレスたまりまくりなんでしょうね・・・。

この一週間も経済界の病状は悪化の一途。
一度壊さないと立て直せないところまで
来てしまったのかもしれませんね。
はぁ~・・・・。


▲TOP
事情
昨日のコラムに「事情があって」と書きましたが、今日はその事情をご説明しようと思います。

ひとつめの事情は停電。おとといは実家の周辺一帯が突然停電になりました。ちょうどDVDプレーヤーの設置を始めようと思った矢先。仕方がないので復旧を待ちますが、1時間経っても電気は来ない。これ以上待てないな、と、懐中電灯片手にとりあえず設置作業を開始したときに、今度はふたつめの事情に遭遇しました。

*   *   *

DVDプレーヤーを設置するテレビ台を覗くと、中はVHSビデオデッキと大量のビデオテープ。設置場所を確保しようとビデオテープを取り出してみると・・・???なぜかテレビ台の奥にビニールのクズが・・・( ̄▽ ̄;)恐る恐る懐中電灯で照らしてみると、なんとそこにはボロボロに砕かれたお菓子の袋とかアルミホイルとかが散乱しているではありませんか。

見た瞬間は全く意味がわかりませんでしたが、数秒後に僕はそれがどういう状況なのかを理解しました。そう、やつらの仕業です。ねずみ。どこかからくすねてきたお菓子の袋とアルミホイルで、そこにねぐらを作っていたんですな。ちっちゃなふんもいくつか落ちてます。

実家の古い家屋には僕が小さい頃からずっとねずみが住みついていました。夜行性なのでめったに遭遇することはないのですが、夜になると天井裏を走る音がうるさく、とてもうっとおしい同居者でした。たまに間違ってこちらの生活空間に現れると、食事とかテレビ鑑賞とかはいったん中断。ねずみと対決です。たいていは逃げられてしまいますが、うまく板きれで叩いて気絶させられたときには、道路の向こうにあるドブ川に捨てにいったりしてました。

実家を離れて20数年。まさかこんなところで、やつらの生態を目の当たりにすることになるとは! 母と協力してゴミクズを掻き出し、雑巾で拭き取り、あぁ、めんどくさいし気持ち悪い。電源ケーブルやアンテナケーブルも、埃だかふんだかで薄汚れていたので、一本一本拭き取ります。ケーブルの中にはかじられて電線がむき出しになっているものもあり、ビニールテープで巻いて絶縁。まったくコノヤロー。

なんでまたこんなものを選んで拾ってくるんだろう? いったいどこからテレビ台に入り込んだんだ? なんて思いながら掃除をしているうちに、だんだんやつらの姿が目に浮かんできました。こんな巣作りに向かない悪材料を集めてきて、テレビ台のちいさな隙間から一生懸命引っ張り込んでいるチビ助たち。バカだよなー。決して悪気はなく、動物の本能でそうしてるだけなんですよね。そう思うと、ちょっとだけ親近感がわいたりして。

ようやく掃除が終わってDVDプレーヤーの設置に取り掛かった頃、ようやく停電が復旧し、部屋が明るくなりました。予定より2時間以上遅れて作業完了。リージョン&マクロフリーの動作確認をする時間がなくなってしまったのは、そんなわけなのでした。

*   *   *

でも考えてみたら、あんな光景を目にしながら冷静に作業できたのは、きっと薄暗くてよく見えていなかったおかげでしょうね。普通に明るい状態であれに遭遇したら卒倒してたかも。とても親近感とか言ってる場合ではなかったでしょう。そういう意味では、ちょっとだけ停電に感謝・・・なのかな? でもやっぱりできればねずみとは住みたくない。

三毛猫 --

テレビ台の中、
たぶん、
ネズミが生活するのに
とてつもなく
いい環境だったんでしょうね~

温かいし、猫の手も届きにくそうだしぃ~w


snappi --

たぶんそうですねー。>三毛猫さん
きっと冬場に別荘として使っていたのでしょう。
もし最近使われていたらもっと臭くて大変だったかも( ̄▽ ̄;)

今回の件でねずみの性質が少しわかりました。仮説ですが。
・ビニールやアルミホイルなど光る巣材を好んで集める傾向がある。
・黒いケーブルはかじらず、グレーのケーブルだけをかじる。

もしかして眼が悪いんでしょうかね。
夜行性のくせに鳥目というのもあれですが。


▲TOP
フリフリ
以前、実家にREGZAを買ったことを報告しましたが、今度は知人にもらったDVD-Rを見られるようにしてほしいとの要望が。近所の神社に何人かで狛犬を寄贈したときの記録写真をスライド映像にしてDVD-Rに焼いてくれた人がいたらしい。

DVDを自分で焼くことはなく、レンタルDVDや人からもらったDVDを見られればよいということなので、レコーダーではなくプレーヤーを購入することに。両親がDVDのややこしい企画を理解できるわけがないので、できるだけ多くのメディアに対応した商品を探していくと・・・

081006_dvp250cp.jpg

SCITEC DVP-250CPなんていう変なものを見つけた。裏操作でリージョンフリー、マクロフリー化ができ「フリフリ」などと呼ばれているそうだ。これは面白い。

対応メディアはDVD-R/RW、DVD+R/RW、CD、CD-R/RW。対応フォーマットはDVD-Video、 DVD-VR(CPRM対応)、ビデオCD、音楽CD、MP3、WMA、MPEG、JPEG。これだけ揃っていれば困ることはないだろう。迷わずポチッ。

*   *   *

昨日実家に設置して、こちらのサイトを参考に早速裏操作してみました。

■リージョンフリー化
1. 電源ON。
2. リモコンの「セットアップ」ボタンを押す。
3. リモコンの「8」を4回押す。
4. リモコンの上下キーで「Region Code 0」を選ぶ。
5. リモコンの「セットアップ」を押して、電源OFF。

■マクロフリー化
1. 電源ON。
2. すぐにディスクトレイを開ける。
3. リモコンで「1」「2」「3」「4」と押す。
4. リモコンの上下キーで「Macrovision オン」を選ぶ。
5. リモコンの決定ボタンを押して、電源OFF。


事情があって時間がなくなってしまったので、裏操作の動作確認は後日に延期。マクロフリー化するとサイズもフリーになってしまうので、とりあえず元に戻しておきました。両親はそんなマニアックなプレーヤーであることは知らず、普通にありがたがっております。いつか必要になったとき(そんなとき来るのか?)までは普通のプレーヤーということで。

しかし一点、大きな問題が・・・
リモコンが・・・使いにくっっ!!!(写真撮るの忘れましたが)

こんなちっちゃいボタン。年配者には見えないよ。
変なプレーヤー買ってごめんよーーー!>両親

m(_ _)m

▲TOP
CPU Director
VCさんBBSで知ったのですが、CPU Directorの10.4.10&10.4.11対応版は開発をあきらめちゃったんですね。10.5についてはCPU Directorなしでそのまま使いなさいということ? PowerLogixユーザーさんにとってはかなり切ない感じのニュースではないかと思います。

考えてみると、PowerLogixに限らずどのメーカーからも、しばらく新しいCPUカード出てないんですね。あ、Newerの7448は去年でしたか。これが最後なのかなー。インテルは無理にしても、G5カードとか出てきたら手を出しちゃうお馬鹿がいっぱいいると思うんですけどねぇ(笑)

Macイジラーの明日はどっちだ!?(あるのか?)

三毛猫 --

小生も
おバカの一人に
カウントされてるんだろうか?w

ドイツの方にも、お一人、いらっしゃると思うんですけど~
なんにしても、改造道、低調ですよね。
でも、私、昨夜、調子を崩した
ベージュマックとUSBカードの相性で
四苦八苦してました(爆)


snappi --

それはどうかご本人の判断で・・・>三毛猫さん
僕は間違いなくカウントされてますが(笑)

ベージュマック、大変でしたねぇ。
いったん調子崩すとなかなか頑固ですもんね。
手はかからないに越したことはないんですが、
手がかかるのもまた楽しということで。
改造道なかなかやめられません。


▲TOP
Amazonクレジットカード
新規申し込みを取りやめていたので、そのうち来るだろうと思っていたら・・・とうとう来ました、Amazonクレジットカードサービス終了のお知らせメール。CITIグループは経営状態がよろしくないようですし、年会費無料などの諸条件を受けきれなくなったのか、それともAmazonが見切ったのか。

いずれにしてもAmazon使いまくりの僕には大きな痛手。ポイントの還元率もよかったので、非常に残念です。ETCやらネットやら電話やらの決済一式をこのカードに変更してまだ半年も経たないのに、また変更手続きしなくちゃいけないと思うと面倒なことこの上ない。

こうなると楽天カードに変更かなぁ。でもデザインがなぁ・・・( ̄▽ ̄;)

どこかにいいカードありませんかね?

▲TOP
K-1
魔裟斗っていう人は、ホントにすごい人ですね。

あんなに強いのに、さらに努力を重ねて上をめざす。
ダウンを喫しても、前に突き進んで自分の試合にしてしまう。
勝っても舞い上がらず、みんなも頑張れとエールを送る。

それに比べて自分の情けないこと・・・。
もうちょっと気合い入れないといけないなー。

そんなふうに思わせてくれた今日のK-1でした。
格闘技はやっぱり面白い。

▲TOP
バタークリームケーキ
8ペンスさんバタークリームのケーキについて書いてました。そうでしたね。僕も生クリームのケーキを食べたのはかなり大きくなってからのことだったように思います。

昔、クリスマスだったか、誕生日だったか、母がデコレーションケーキを買ってきてくれたことがありました。そのときもバタークリームでした。それまで我が家の食卓にケーキが並ぶことなんてなかったので、母にしてみれば奮発してワクワクしながら買ったのだと思います。

でももともと胃弱な子どもにバタークリーム。ほんの2?3口食べただけで僕は気持ち悪くなってしまい、「げぇ、おいしくない」と言ってケーキを突き返しました。母はとても悲しそうな、すまなそうな顔をしていました。僕はなんだか悪いことをした気がしました。

母にはこれまでずいぶんひどいことをたくさん言いましたが、それで怒られたことは一度もなかったように思います。いつも黙って悲しい顔をしました。8ペンスさんのブログを読みながらそんな母の顔を思い出して、思わず涙が出そうになりました。

松本人志さんが『チキンライス』を書いたときも、こんな気持ちだったのかな。松本さんならきっとバタークリームケーキ、無理してぜんぶ食べたでしょうね。

8ペンス --

やや!さすがに同世代ですね。
僕以外にも同じ様に感じてた人がいたと言うことが
嬉しいです。

チキンライスも懐かしいですね。うちの父親の数少ないレシピの
一つでしたよ(笑)。チキンライスとは言わなくて、ただ単にヤキメシって言ってました。子どもの頃うちの母親が入院して1週間くらいいない時に毎日これで、うんざりした記憶がありました。
テレビ塔横のジャズ喫茶「YURI」のチキンライスが、少しコッテリしてますけど、たまに食べると美味しいですよ。


snappi --

チキンライスしばらく食べてないですねー。>8ペンスさん
オムライスはよく食べるんですけどね。
今度YURI行ってみます。

戦前生まれや団塊の世代と比べると、
僕らの人生は大して変化がないように思ってましたが、
食べ物とか、音楽の聴き方とか、結構変わってるんですね。
残りの半生もまた新しいものにめぐりあえるんでしょうか。
少し楽しみでもあり、不安でもあり。


▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。