FC2ブログ
www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


Macway Keyboard Pro
報告していなかったけど、半年ほど前にiMacを新調した。
7年以上にわたって活躍してきたiMac mid 2011は、性能的にはまだまだ問題なかったけど、
Adobe CCなどの最新アプリが使えなくなってきたのでやむなく。

新調したといっても、実は…というか、またもお決まりの中古。
最新モデルの方が性能は高いし、将来的にも長く使える最新モデルにするつもりだったのだけど、
StationTVがCatalina非対応だと判明し、結局旧モデルを買うことに。
(これって結構問題だよね。みんな新品買った後どうしてるんだろう…?)

購入したのは32GBのメモリと1TBのSSDを換装したCorei5 3GHz 2017年モデル。
購入後に無線LANと内蔵マイクが死んでいることが判明したが、返品が面倒だったのでそのまま。
現在、High Sierraで稼働中。Mojaveにアップグレードしようか思案中。

で、本題はここから。

実はiMacの純正キーボードのタッチ感にどうにも馴染めなくて、
Old Mac時代に使っていたMacwayのキーボードを、未だに使い続けている。
(もちろん、iMate(ADB-USB変換アダプター)経由で。)

このキーボード、Macを触りはじめた頃からずっと使っているので、かれこれ25年以上。
かなりのヘビーユースに耐え続けてくれていたのだけど、ここ最近、不具合が出始めていた。
一部のキーが反応しづらかったり、1回押しただけで2回入力されてしまったり。
でも代わりのキーボード探すの面倒だしなぁ〜、メカニカルキーボード高いしなぁ〜、どうしようかなぁ〜、
と思いつつ、ふと検索してみたら…

おー!Macwayの未使用品がヤフオクに!

しかも終了20分前・・・これは行くしか!!

200512_macway1.jpg

そんなわけで、25年ぶりに見るMacwayの箱。
貼られているGood Willの値札シールは「8800円」。
そうそう!そんな値段だった!
(自分は確かOAシステムプラザで買ったと思う。)

200512_macway2.jpg

このキーボードのいいところは、テンキー付きなのに幅が39cmとコンパクトなこと。
このサイズのメカニカルキーボードは、他ではなかなかお目にかかれない。
そして何よりキーを押した時の適度な深さと「カシャ」という感触が実に使いやすいのである。

おかげさまで、この先また25年ぐらいMacway&iMateのお世話になれそうだ。
25年後って…僕の寿命の方が先に終わるかもしれないな(笑)
出品者様、長年に渡って大事に保管しておいていただき、ありがとうございました!
 

▲TOP
祝 18周年!
なんとなく勢いがついて、昨日で3日連続更新。
更新画面を眺めながら、そういえばVintage Computerさんのサイト久しく見ていないな―とクリックしてみたら、

170718_notfound.jpg

ありゃー、いつの間にかNot Found…・。

一瞬焦りましたが、検索したらすぐに新サイトが見つかりました。ホッ。

170718_VintageComputer.jpg

去年リニューアルされていたのですね。
長らく気づかずに放置していて大変失礼いたしました!m(_ _)m
今更ですがバナーのリンクを貼り直しました。
(ここから行く人がそれほどいるとは思えませんが一応…。)

社長日記は従来通り。
http://vintagecomp.livedoor.biz/

Youtubeの公式チャンネルもついでに。
https://www.youtube.com/channel/UCxuJwAiumYz6SKR5A1h3QMg

18周年おめでとうございます!
Mac改造からはすっかり遠のいてしまったOld Friendsですが、陰ながら応援させていただきます。
 

▲TOP
ベンチマーク
先日ご紹介したStarTech.comのドッキングステーション「TB2DOCK4KDHC」。
購入報告だけで済ませるのもアレなので、一応ベンチをとってみた。
ソフトは Blackmagic Disk Speed Test (ver.3.0) を使用。
こういうことするの久しぶりだなぁ〜。

まずは内蔵HDD(HGST HDS722020ALA330)から。
170316_sata.png
SSDに最適化されているのか、針の振れ具合が小さくて切ない(笑)

次にTB2DOCK4KDHC経由で接続したUSB3.0外付けHDD(Buffalo HD-LC3.0U3/N)。
170316_usb3.png
内蔵より少し落ちるものの、なんとか100超え。

ちなみにこれをUSB2.0ポートにつないでみると・・・
170316_usb2.png


TB2DOCK4KDHCの導入により、とりあえずUSB3.0の恩恵を受けられるようになった。
さらにスピードアップするには、RAID化かSSD化か。
試してみたい気もするが、それはまたの機会ということで。
 

▲TOP
ドッキングステーション
愛機 iMac Mid 2011は、いまだにバリバリの現役。
Core i7 2.7GHz / 28GBメモリは、現行モデルと大差ない(と思っている)。
唯一残念なのは、USB3.0に対応していないこと。
大容量データを扱うわけではないので、USB2.0で事足りるのだけど、
使っている2台のUSB3.0 HDDを活かしきれないのが、なんだか悔しい。
Thunderbolt用のドッキングステーションを物色してみたりもしたのだが、
これはと思うものは3万とか4万とか・・・いやいやそこまでは・・・。

しかし先日ふとアマゾンで「Thunderbolt USB3.0」と検索してみたところ、
なんだかお値打ちな製品が出ていた。

StarTech.comのThunderbolt 2用 4K対応 ドッキングステーション TB2DOCK4KDHC
40,912円の品が、なんと17,934円!
残り3点。これは行くしか!!!

ということで、久しぶりのMac周辺機器ご購入と相成りました。

170310_startech.jpg

Thunderbolt2×2、USB3.0×4(背面3+前面1)、eSATA×1、LAN(2Gbps)×1、
HDMI(4K対応)×1、Toslink×1、LINE IN×1、Headphone×1、計12個の端子を装備。
(ThunderboltとUSB3.0以外使う予定がないけど。)

僕のiMacでは下位互換でThunderbolt接続。
USB3.0 HDDの性能を活かせるようになった代わりに、
ドッキングステーション自体が活かしきれないという状況に(笑)

そして、本当はベンチマークなどインプレとともにご紹介すべきと思いつつ、
「残り2台が完売する前に皆様にお知らせを!」と、慌ててこの記事を書き上げ、
アマゾンの商品ページを確認したところ・・・



なぜか、価格が30,745円に上がってる・・・

でもせっかくここまで書いたのでアップしておきます。
久々のMacネタなのに、なんともはや中途半端なことで m(_ _)m
 

▲TOP
Sierra
ちょうど仕事が一段落して時間に余裕ができたところに
「Sierra 入れませんか?」という誘惑メッセージが現れた。
Yosemiteが不安でMarveriksのまま使っていたというのに
つい魔が差してクリックしてしまった。

OSのアップデートとは思えないほど簡単にアップデートでき
Sierraのポップで可愛らしいデスクトップ画面が現れた。
しかし、Steinbergのドライバーが使えないというアラートが。

そういえばドライバーぜんぜん更新してなかったな。
と思い、最新ドライバーをインストールして再起動。
すると、今度は起動できなくなってしまった。
起動時にFinderを表示するところまでは行くのだが、
すぐに応答しなくなり、レインボーカーソルがぐるぐるぐる。

あちゃー…やっちまった…。

一瞬焦ったが、Time Machineから復元できることを思い出し
アップデート前の状態に戻して事なきを得た。
やっぱり最新OSは危険だ。
Sirraはしばらく様子を見ることにしよう。

そこでふと、Yosemiteもスルーしたままだったことを思い出した。
Yosemiteならそろそろ大丈夫かもしれないな。
しかし、すでにYosemiteはApp Storeから姿を消していた。
そりゃそうだ(苦笑)

そんなわけでしばらくはMavericksのまま。
特に困っていることはないし、それでいいのかもな。
 

▲TOP
メモリ
iMacにメモリを増設してみた。
もともと4+4=8GBあるのでそれなりに動いてはいたのだが、最近はParallelsを立ち上げっぱなしで作業することが多く、扱うファイルが時代とともにどんどん肥大化していることもあって、Mac OSの動作にやたらとストレスを感じるようになっていたのだ。

うちのiMacはmid 2011のcore i7仕様。公式サイトでメモリ仕様を確認し、PC3-10600の4GBを2枚注文することにした。これで搭載済みのメモリと合わせて4GB×4=最大の16GBになる。

ところが、各社のメモリの情報を集めているうちに、最大は16GBではなく、実は32GBまで積めることを知った。Late2009、mid2010のCore i5/7モデルで32GBなんていう記事まであった。なんだ、そうだったのか!(Vintage Computerさん、お久しぶりです!)さらに調べてみると、PC-12800も動きそうだ。新機種に変えたときに流用することを考えると、パーツは新しい方がいい。

ということで、8GB×4=32GBを見据えてPC3-12800の8GBを注文することに。
古いメモリと混在だし、本当に動くかどうかが不安だったので、とりあえず1枚だけ。



ひと世代前のメモリなのにえらく高いな〜と思ったら、いまはメモリが高騰している時期らしい。
もっと早く買えばよかった…。

気を取り直して作業に入る。久しぶりのメモリ換装にワクワク。でもやってみたら拍子抜けするほど簡単だった。ビスを3本外すだけ。公式サイトには、タオルの上にうつ伏せにして作業するように書かれているが、机のはじっこにずらしてやれば、倒す必要もない。ケーブルをぜんぶ外して、本体をがばっと開かなくてはいけなかった昔のMacが懐かしい。

簡単すぎるので写真は省略。そして、無事起動。

150219_memory_2.jpg

増設したメモリは1600MHzだが、古いメモリが一緒なので、表示は当然1333MHz。
このメモリだけなら1600MHzと表示されるのかな?今度ヒマなときにやってみよう。

150219_memory_1.jpg

メモリが倍に増えたことで、MacもParallelsもかなりサクサクになった。
換装から3日ほど経ったが、いまのところ気になる問題は起きていない。
もうちょっと安くなったら、もう1枚追加して24GBにしよう。
3年前のモデルだけど、まだしばらくはこのiMacでいけそうだ。

▲TOP
Yosemite
Yosemiteがリリースされたらしい。
面白そうなのでさっそくインストールしようと思ったが
環境によっては半日とかかかることもあるらしい。
いくつか週末にやらなくてはいけない仕事があるので
今日のところはざっと情報を眺めるだけにしておこう。

【要注意!】Mac OSX Yosemite(10.10) 新機能・不具合・バグまとめ

まだ情報が少ないけど、CS5はちょっと怪しいな…。
Parrales Desktop 9もひと手間必要そうだな…。
考えなしにインストールしなくてよかったな…。

とりあえずMavericksだけ最新にアップデートしたら
iTunesのアイコンが赤くなっていた。なんだこりゃ?
一緒にiTunesもアップデートしちゃったらしい。

起動したらYosemiteっぽいデザインになっていた。
へぇ、なかなかカッコイイのでは?
でもプレイリストの文字がやたらと主張してうるさい。
文字サイズがでかくなったのかな?

こうしてみるとiTunesはフォントが気に入らないな。
変更する方法あるのかな?

いかんいかん、そろそろ仕事しなくては。

Nori --

snappiさん、こんばんは

自分は今日休みだったもので、さっそくYosemiteインストールしてみました。
カスタマイズしてたデスクトップのアイコンが少々Yosemiteの「のっぺらとした」フォルダーに変わってしまったのと、同じくデスクトップのjpgファイルがプレビュー表示されなかったので表示オプションで「アイコンプレビューを表示」のチェックボックスを付け替えしたら解決しました。
それにしても今回のOS、なんかMacOS9の頃のカレイドスコープを思い出させる様な色や形ですね(笑)


snappi --

なるほどー。>Noriさん
言われてみればそんな感じはありますね。
名前が懐古趣味ならデザインも懐古趣味ということなんでしょうか。
また何か気づいたことあったら教えてくださいね〜。


▲TOP
ウイルス
1万7000台を超えるMacがマルウェア「iWorm」に感染

だそうで、マカーには嫌なニュース。くわばらくわばら。
感染すると「/Library/Application Support/」に「JavaW」というフォルダができるようだ。
僕のiMacにはいなかったのでとりあえずひと安心(ホントに安心なのか?)。

とりあえず無料のSOPHOS Antivirus for Macなる対策ソフトを入れてみた。
…けど、効果あるのかなぁ?

▲TOP
MacBookバラシ
アナ→デジ作業用のMacBookから異音がするようになった。
いつ買ったんだっけ?とブログを確認したら7年も前だった。
そうか〜もうそんなになるんだ。
画像処理とかじゃなきゃ、まだまだ使えるんだけどなぁ…。

異音は冷却ファンから出ているようで、起動後しばらくすると、
「ブゥーーン、ビリビリバリバリバリ…」とすごい音がする。
ネットで調べてみると解体清掃改善している人がたくさんいた。
ちょっとめんどくさそうだが、そんなに難しい作業ではなさそうだ。
久しぶりにMacを解体するのも楽しそうだし、やってみるか。

*   *   *

バッテリーの奥に19本、本体外側に11本、計30本のビスを
どれがどこのビスだかわかるように整理しながら外していく。
中に固いビスがあると精密ドライバーで回すのにひと苦労。
小さいので、うっかり床に落とすと見つけるのにひと苦労。
だがビスを外してしまえば、あとはキーボード面を外すだけ。
思ったよりずっと簡単だった。

冷却ファンの周りはさぞかし埃だらけになっていることだろう。
と思ったのだが…開けてみてびっくり。すごく綺麗だった。
冷却ファンも排気ダクトもうっすらと埃が付いているだけ。
アナ→デジ&持ち出し専用で稼動時間が短いからだろうか。
あまりに普通だったので写真を撮る気にもならなかった。

じゃあ、どうして異音が?

解体したまま起動してみて、ようやく原因がわかった。
異音は冷却ファンを覆っているアルミカバーから出ていたのだ。
振動しているあたりを指で押さえるだけで異音は聞こえなくなる。
なるほど、そういうことか〜。

140412_fan.jpg

ということで、アルミカバーをブチルテープで抑えてみた。
ブチルテープはオーディオ機器の防振用に買ってあったもの。
まさかこんなところで役に立つとは。
ブチルテープの固定には両面テープを使用。
排気ダクトのモルトテープも、ブチルテープに替えてみた。

組み立てなおしてテスト起動したところ、異音は無事解消。
めでたしめでたし。
MacBookくんにはもうしばらく頑張ってもらおう(^^

Nori --

snappiさん、こんばんは
異音の原因修理できて良かったですね
自分もMacBook Pro Late2012を買ってから中古で購入したPB400Tiは「ご隠居生活」
この間しばらくぶりに電源ボタンをポチッと・・・
うん?起動しない。ヤバい!!
・・・と、ネット検索したら、内蔵電池のカプラーはずすと起動するそうでsnappiさん同様バラしました。確かに細かい部品の多い事!!
組み直して改めて電源ボタンをポチッ・・・ぐぅぐぅ じゃ〜ん
一安心しました(笑)


snappi --

こんばんは。>Noriさん
バラシ作業はやっぱ楽しいですね。
そうですか〜。PB400Tiですか。どうしていま頃ご購入を(笑)
思わずPB400Tiネタをググってしまいました。
内蔵電池の自作ネタなども楽しそうですね。


Nori --

いえいえ、PB400Tiを中古購入したのは、結構前なんですよ
まだPM7600/200改(笑)がメイン機の頃、職場と外出用のためでして。
さすがにMacOSX10.4位になると重くって・・・

>>内蔵電池の自作ネタ
自分も見ました。半田ごて職人さんでないと、ちょっと難しそうですね〜


snappi --

自作ネタ>Noriさん
あれぐらいなら職人さんじゃなくてもいけますよ〜。
ハンダごても100均で入手できますし〜。
と、そそのかしてみたり(笑)


▲TOP
内蔵スピーカー
久しぶりにブログを覗いたらまたスポンサー広告が出ていた。
もう1ヶ月経ったのか…いかんな〜…。

3月は前半は確定申告、後半は年度末の急な仕事であっという間だった。
特に最後の一週間は激しかった。あちこちで何日もまともに寝ていないという声を聞いた。
道路もやたらと車が多く、しかも道路工事だらけでどの道を選んでも渋滞、また渋滞。
一年間、予算をケチってケチって、年度末になると無駄に放出する。
この馬鹿げたシステムはいつまで続くんだろう…。

*   *   *

そんな中、知人に頼まれて、PC用の自作スピーカーのデモ機を作ることになった。
予算や構造にいろいろと条件があったが、試行錯誤しながらなんとか形になった。
完成後、iMacにつないで試聴。合格点の音に満足しつつスピーカーを外したところ…

スピーカーマークが消えた!?

iMacのメニューバーのスピーカーマークがグレーになり、音が出ない。
システム環境設定を開くと、いままで「内蔵スピーカー」だったところが「デジタル出力」に。
スピーカーをつなぐと「ヘッドフォン」と表示されるが、外すとまた「デジタル出力」。
内蔵スピーカーが認識されていないようだ。え〜そんな…。

PRAMクリアしても、SMCリセットしても、全く変化なし。
ググってみると、ハードウェアの故障の可能性が高いようだ。
修理に出さなきゃいけないのか? ひ〜めんどくせ…。

トホホな気分で、それでも何か方法はないかとネットを徘徊していたら、
ヘッドフォンジャックの手前のあたりをグリグリしたら直ったという記事を見つけた。
半信半疑でプラグを挿し、そっとぐりぐりしてみる。ダメだ。そりゃそうだ。
でももうちょっと試してみよう。ぐり、ぐり、ぐり…

おー!スピーカーマーク出た!!!

よくわからないけど直りました。
めでたしめでたし。

でももう怖くてヘッドフォンポート使えないな…。

Nori --

snappiさん、こんにちは
じぶんも2009年式iMacを母艦にして、BOSE M3を
繋いでいますが、同様にヘッドフォンポートが頼りな〜い!!
もう少しだけしつかりとしていればねぇ・・・


snappi --

やっぱりですか…>Noriさん
いままでヘッドフォンの抜き差しはしょっちゅうしていたので
急にこんなことになってびっくりしました。
しかしBOSE M3をつないでおられるとは…
やはりNoriさん、こだわり派ですね(笑)


▲TOP