FC2ブログ
www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


つば九郎
久しぶりにマイネ王の記事が面白かったので、mineoユーザー以外の方にもご紹介。



炎上しないギリギリのライン」を狙う
ヤクルトスワローズ・つば九郎にスケッチブック芸の神髄を聞いた



関西電力系列なのになんでスワローズ?と思ったら、どうやら外注のライターさんが好きだかららしい。
もはやスタッフブログでもなんでもないが、そういうのも平気なところがいかにもmineoらしい。

どの回答もシンプルにしてユーモラス。
ひねっているようで実はストレート。嘘や誇張がない。
つば九郎ってすごいなー、と改めて思った。
 

▲TOP
くぅ〜、3連敗…
7連勝のあと3連敗。降格圏内に逆戻り。
久しぶりにテレビ放送があるから楽しみにしてたのになぁ…。



ダイジェストほど一方的な試合ではなく、勝ち目はあった。
とられた2点はどちらもちょっとした油断を突かれたもの。
青木がいまいちチームにフィットしない感じで、攻め手がなかった。

でも、シャビエルが帰ってきたぞ。
怪我している間に3試合しかなかったのは、ある意味ラッキーかもしれない。
さあ、次こそ連敗脱出だ。
  

▲TOP
連敗
連敗のショックで放置していたけど一応貼り付け。



1点目だけじゃなく3点目もオウンゴールに見えるんだけど…。

まあ、相手が2位のフロンターレですからね。
先週長崎に負けたのが返す返すもったいない。

シャビエル、カムバーック!
 

▲TOP
連勝ストップ
ジョー2ゴールもディフェンス崩壊。連勝ストップ…。



4点取られちゃさすがに勝てない。
左サイド修正して、次の試合からまた8連勝だ!
 

▲TOP
リスペクト
大坂なおみさん、全米オープン優勝おめでとう。
プレイも、振る舞いも、コメントも、素晴らしかった。
別の話題が大きくなってしまってかわいそうだけれど、彼女にとってはいずれ笑い話になるだろう。
彼女のパワーと技術とメンタルは本物だし、これから何度も優勝を繰り返すことになるだろうから。

大坂さんの優勝を記念して、Number Webがバックナンバーのインタビュー記事を掲載していた。
彼女の立ち居振る舞いがどうしてあんなに素晴らしいのかがよくわかった。
テニスに限らず、人生に必要な2つの教訓が書かれていたので、ここにメモしておこうと思う。

リスペクトとは、相手の立場や気持ちを推し量って振る舞うこと。

「私にとってのリスペクトとは、怒りの感情を表に出さず、相手に失礼にあたる態度を取らないことなので。対戦相手も私と同じくらい勝ちたいと思っているはずだし、同じくらい勝つための努力を続けてきたはず。だから相手が誰かにかかわらず、簡単に勝てると思ってはいけないというのが、私にとっての「相手へのリスペクト」なんです。」

コートに立ったら、結果を考えずに自分がやるべきことに集中する。

「昨年色々と経験したこともあり、最近ではコートに立ったら、勝つとか負けるとかはあまり考えないようになりました。自分がやるべきことに集中し、ポジティブになり、楽しむ。だって試合ができているということは、ケガがないということでしょ? 間違いなく、テニスは私が今後も長く続けていきたいこと。それができているんだから、ハッピーでいるべきだと思ったんです。」

自分の勝ち負けとプライドに固執するセリーナとは対極にある考え方だ。
そしてそれは、今の日本人が失いかけているものでもある。
改めて胸に刻んでおこうと思う。

彼女をあんなふうに育てたご両親を尊敬します。
いずれ子育てをテーマにしたエッセイを書いていただきたい。
きっとヒットすると思うし、日本の、世界の親たちに大切なことを知ってもらえるんじゃないかな。
次回優勝した際には、ぜひご一考を。
 

▲TOP
6得点!
グランパス6点!7連勝!11位浮上!



強い。めちゃくちゃ強い。なんだこのチーム?
ダイジェストしか見ていないけど、
磐田があれだけミスをするということは
相当なプレッシャーがあるんでしょうね。

DAZN入ろうかなとちょっとだけ思い始めた。
 

▲TOP
6連勝!
復帰のジョーがまたハットトリック!リーグ6連勝!13位!



1点目の玉田のフォロー、3、4点目の相馬のクロス、
ジョー以外の選手もいい仕事をしたようで実に頼もしい。

どこまで行ける?グランパス!
 

▲TOP
スズメちゃん、おつかれさま
「半分、青い」の撮影が終了した。

と、永野芽郁さんがブログに書いていた

そうか〜、もう終わりか〜。

漫画家編が終わったあたりからバタバタした展開が続き
始まった頃の高揚感はやや冷めかけてはいたけど、
いよいよ終わってしまうとなるとやはり寂しい。
(上手になった岐阜弁が聞けなくなるのも寂しい。)

それにしても芽郁ちゃんの演技はすごいね。
先日初めて知ったけど、彼女はまだ18歳なんだね。
ってことは、「俺物語」の時は15歳だったのか!?…恐ろしい。
なんで経験したことのない30代の母の顔ができる?
なんで物怖じせずに年上の俳優と渡り合える?
なんでそんなに立派なブログが書ける?

芦田愛菜ちゃんと同じで
中に大人が入っているのかもしれないね。
どんな大人になるのか楽しみです。

いやいやその前に、
「半分、青い」ちゃんと見届けないと。
 

▲TOP
降格圏脱出!
ジョーがいなくても3点!5連勝!14位浮上!



次は浦和。どこまで続く!?
続けーーー!
 

▲TOP
最下位脱出!
ジョー2発!4連勝!16位浮上!



さあ、次の相手は15位の鳥栖。
勝ってさらに浮上だ!
 

▲TOP