www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ


大杉漣さん
一昨日、帰宅してオリンピックを見ようとテレビをつけたら、
画面の上の方に、大杉漣さんの訃報が流れた。

「大杉漣さん?」

わけがわからなかった。
病気だとか、調子が良くないとか、一切聞いていなかったし、
何しろドラマやバラエティでしょっちゅう見ていたから。
そしてこんなにもショックを受けている自分に驚いた。

たまたまその前日だったか、
録り溜めたままになっていた「バイプレーヤーズ」の第1話を
半分ぐらい観たところで用ができて停めたままになっていた。

複雑な気持ちで続きを見た。
ロケ先の島に漣さんのクルーザーで向かった出演者5人が
行き先を間違えて、無人島でサバイバルをしていた。
撮影現場では一向に連絡がとれない5人に代役を立てることになっていた。

漣さんの代役には小日向文世さんが選ばれた。
小日向さんがクランクインの挨拶で、
「いい供養になるように頑張ります。すみません、冗談です。
あの人達がそんな簡単に死ぬわけがない!彼らは絶対に帰ってくる!」
と言ったときにはなんとも言えない気持ちになった。

漣さんと共演したことのある俳優さんたちはもちろん、
今、日本中の映画・ドラマファンが、そんな気持ちだと思う。

当日、第3話が放送され、残すはあと2話。
撮影は途中だが、代役は立てずに完成させる方向だという。
残された4人と代役役の人たちはどんな芝居をするんだろう。
僕にとっては残りの4話、心して観せていただこうと思う。

大杉漣さん、素敵な作品をたくさんありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
 

▲TOP
上を向いて吠えよう。
あけましておめでとうございます。
平成三十年です。

nenga2018.jpg

去年のお正月に撮った写真なんですけどね。
ここではすでに公開済みの写真ですみません・・・ ( ̄▽ ̄;)

今年もぼちぼちやっていきますので、
また一年間よろしくお願いいたします。
 

Nori --

snappiさん、明けましておめでとうございます!!

新年1発目「絶対、突っ込んではいけないアメリカンポリス」でしょうか?!
文章中の年号が「昭和」になってる・・・罠か???(笑)
今年もよろしくお願いします。


snappi --

やっちゃいました…>Noriさん
ワナ!ではなく、普通に間違えました 笑
大変失礼いたしました。
今年も見捨てずよろしくお願いします!


▲TOP
投函!
ようやく年賀状投函完了。
毎年30日が定番になってきたな〜、よくないな〜、うむむ…。
元旦に届かない方、申し訳ありません m(_ _)m

今年もあと1日とちょっと。
ぐちゃぐちゃの部屋を少しでも整理してお正月を迎えたいと思います。
がんばるぞ〜。
 

▲TOP
あけおめ
11月からのバタバタが昨日ようやく一段落。
今年も全くお正月を迎える準備ができてません。
例によって年賀状と格闘しているわけですが、
早くも新年のご挨拶メールが届きました。

171229_akeome.png

たぶん送信設定を間違えちゃったんでしょうね。
普通に新年に届くよりインパクトがあるし面白いですが、
送信したご本人(もしくは請負業者)は焦ってるだろうな〜。

そんなわけで今年もあとちょっと。
いい締め方をしたいものですね。
 

▲TOP
J1復帰!
試合は録画しただけでまだ見れてませんが…

名古屋グランパスがJ1に復帰!
おめでとう〜!ありがとう〜!


171203_kazama.png

3位決定戦に勝って「ウィナー」っていうのがちと恥ずかしい ( ̄▽ ̄;)

今のチームのままでJ1に通用するとはとても思えないので、
開幕までにディフェンダーはじめぜひテコ入れしていただきたい。
J1復帰で満足せずに、来年も勝ち試合をたくさん見せてほしい。

風間監督!よろしくお願いしますよ!
 

▲TOP
日馬富士暴行事件
いつも思うんだけど

故意に人にケガをさせたら傷害罪。
人を脅して追い詰めたら脅迫罪。
ネットやSNSで誹謗中傷したら侮辱罪。
無理やりセックスしたら強制性交等罪。

一般社会でやれば100%犯罪行為なのに
学校や会社や団体などの集団の中では
ただの不祥事で済まされるのはおかしい。

そういう観点で測るとしたら
貴乃花親方の判断は正しかった。
理由はどうあれ日馬富士は間違っていたし
それを庇う人たちも間違っていた。

と僕は思う。

だからって何も引退までしなくてもとか
貴乃花さんの態度はどうなんだろうとか
そういう感情は僕の中にもある。
でもそれは心の中で思っておけばいい。
仲間内で話のネタにすればいい。
公の場で議論する話じゃない。

と僕は思う。

この事件がきっかけになって
閉鎖集団の中で起きたことでも犯罪は犯罪。
単なる不祥事ではなく刑事事件として罰する。
という世の中にこれから変わっていくとしたら
貴乃花親方の功績は大きい。

そこまで考えての行動だったとしたら
僕は拍手を贈りたいと思う。

マスコミがすべきは事件を煽り立てることじゃなく
そういう風潮にしていくことではないのかな。
 

▲TOP
リンゴのスマホ
マイネ王からまた新しい企画のお知らせが来た。
余ったパケット100MB分を1口として最大5口応募でき、
集まったパケット量によってプレゼントの数が決まる。
プレゼントはiPhone 8(64GB)。

171128_mineo.png

すでに4TBが集まり、3名様プレゼントが確定。
7千分の3か〜こんなの当たるわけないけど面白い。

パケットが余りがちなユーザーの契約容量変更を
阻止するのが狙いなのかな?

こういう企画を考えられる人ってすごいなと思う。
iPhoneをあえて「リンゴのスマホ」と呼ぶあたりもニクイ。
広告づくりのいいヒントになるのではなかろうか。
 

▲TOP
残念…
こんなところでごちゃごちゃ言っても始まりませんが…

残念です。

これで、また嬉々とした安倍さんの顔を見なきゃいけないのが。
(好きな人ごめんなさい。僕は本当にあの人苦手なんです。)


竹中直人さんのアルバム「かわったかたちのいし」に、
ラジオからどんなに大変なニュースが流れてこようとも

「おらたちゃ、木ぃ切るだけだ。」

と言って淡々と仕事を続ける木こりのコントがありました。

投票しなかった50%の日本人はそんな感じなんでしょうね。
日本の庶民は昔からそうやって暮らしてきたんですもんね。

他人を蹴落として富を得るか。黙って木を切り続けるか。
この国には(世界には)二択しかなくなってきた気がするな。

みんなが幸せになれる選択肢はないものだろうか。
小池さんに変わるヒーローヒロイン求ム。
 

▲TOP
マカロニほうれん荘
僕が小学生の頃、ギャグ漫画が全盛期だった。
がきデカ、すすめパイレーツ、東大一直線…
家が漫画NGだったので、毎週は無理だったけど、
こっそりどこかで読んでは、爆笑していた。

中でも一番好きだったのが、マカロニほうれん荘だ。
ほとんど脈絡のないシュールな展開と掛け合い、
語感も、リズム感も、僕の好みにぴったりだった。
(貴明&憲武も、相当影響を受けていたと思う。)

後に古本屋で買ったコミックスを今もたまに読む。
何歳になっても、何回読んでも、やっぱり笑ってしまう。

そんなマカロニほうれん荘のTシャツが発売されたらしい。
着る機会はないけど…欲しい!



アマゾンではすでに売り切れのようですね。
もう1タイプも、残るはSサイズのみ。
やっぱ好きな人、多いんだなぁ。

 

170910_makaroni.jpg

こういう下りが、僕にはたまらなくツボなんですが、
ぜんぜんわからないという人もきっといるんでしょうね ( ̄▽ ̄;)

鴨川先生の脳内を一度覗いてみたいものです。
 

Nori --

snappiさん、こんばんは。
「週刊少年チャンピオン」自分も読んでました。
きんどーちゃん、懐かしい!!
ほとんどが「立ち読み」だったけど(笑)
PS:先月末、お約束の「SUPER GT 第6戦 SUZUKA1000km」観てきました。
面白かった〜!!
1日名古屋市内もぶらぶらしてきました。『JRゲートタワー』大きかった!!
でも桜通口から、どうしてエスカレーターなんだろう?
2階から上層階へのアクセスも、まるで「迷路」みたいで苦労しましたー
でも楽しかったですよ!!


snappi --

やはり読まれてましたか!>Noriさん
その頃からすでに嗜好が似ていたのかも…。

JRゲートタワーは前を通るだけでいまだに中に入っていません。
先を越されてしまいましたね(笑)
僕も迷路体験してこなくては!


▲TOP
祝!
サッカー日本代表、W杯出場決定!おめでとう!

最初に布陣を見たときは、どういうメンバー?と思ったけど、
なるほど、「90分間走り続けられる選手」をずらりと揃えて
プレスでオーストラリアの良さを消す作戦だったんですね。

自陣に押し込まれる回数がいつもより少なかったせいか
後ろの選手もバタバタすることなく終始落ち着いていて、
いやあ、ハリルも、選手もお見事!でした。

かっこいいパス回しで相手を崩して点を取ろうとして、
結局シュートまでいけない、といういつもの攻め方ではなく、
ワンプレイでゴールまで行くという姿勢がはっきりしていて
それが2得点にもつながったんじゃないかな。

このプレイスタイルは日本人に合っていると思うし、
オーストラリア以外のチームにも通用する気がする。
さらにレベルを上げて、来年またワクワクさせてほしい。
こんなの何試合も続けるのはきっと大変だと思うけど。
ぜひまた見せてください。楽しみにしてます。
 

▲TOP