FC2ブログ
www.flickr.com
最近のコラム

カテゴリー検索

マンスリー検索

最近のコメント

フレンドシップ

s p e c i a l  c o n t e n t s
MusicMacintoshMotorcar古いコラム

おちょぼさん
200119_chioyoinari1.jpg

久しぶりのおちょぼさん。

200119_chioyoinari2.jpg

久しぶりの散歩カメラ。

200119_chioyoinari3.jpg

定番のカレー屋さんのウインドウ。

200119_chioyoinari4.jpg

今年も良い年になりますように。

*Nikon D600 + AF Nikkor 24-85mm 1:2.8-4 D*
 

▲TOP
KIスピーカー
DV62siZ701-Modena BHBSminiの記事でご紹介した通り、
僕が仕事部部屋で使っているメインスピーカーはINOUEのフルレンジ。
知る人ぞ知るKIスピーカーというやつである。

音楽コラムの「BLUE LADY」の回に登場する電器店の主人というのが、
僕の学生時代のオーディオの師匠こと、みづほオーディオの社長さん。
コラムの中で“後ろにあった大型のフルレンジ”と書かれているのが、
師匠が手本にしていた、井上デンキのKIスピーカーだった。

学生には身分不相応だと売ってもらえなかったKIスピーカーを、
(その時聴いた16cmではなく10cmモデルではあったけど)
10年ほど前に、ようやくヤフオクで手に入れた。

200104_inoue.jpg

これも横置きで、しかも雑なセッティングであいすません。
オーディオルームではなくあくまで仕事部屋なので…。

より正確かつ高速に前後に振動させるために、
軽さと強度を両立したオリジナル設計の樹脂製リブ付きユニット。
背面の雑音を抑えつつ、クリアな低音をダクトへ送り出すように、
エンクロージャーの内側には木炭がびっしりと貼ってあるそうだ。
ユニット前面のリングは、エッジから漏れる雑音を抑えるためのもので、
この裏側にも木炭チップが貼ってある。

当時は感動したけど、今聴いてもちゃんといい音なんだろうかと
半信半疑で入手したのだけど、ちゃんといい音だった。
師匠には悪いけど、みづほオーディオのスピーカーとは別格。
フラットで、生々しくて、装飾や雑味のない、実在感のある音。
大型スピーカーのような重低音はさすがに出ないけど、
10cm一発とは思えない生々しい低音を響かせてくれる。

そんなふうに感じてずっと愛用してきたのだけど、
自分の感覚が正しいのかどうかは半信半疑なままだった。
今回DV62siを購入したのは、それを確かめるためでもあった。
結果、やっぱりいいスピーカーなのだと確信できた。

能率は公称86dBで、DV62siほどの音圧はない。
PRO CABLEさんの言う“「ボロい」スピーカー”の仲間だ。
音が端正すぎて迫力が足りないというご意見もあるだろうと思う。
でも、こんなにも真面目に原音再現にこだわったスピーカーは、
他にないのではないかと思う。

INOUE KIスピーカーは今はもう作られていない。
井上デンキさんのサイトもずいぶん前に閉鎖されてしまった。
また製造再開される日が来てくれないかな。無理だろうなー…。
 

▲TOP
2020年
200102_manekineko.jpg

足の怪我がまだ完治していないので、今年は正月の散歩カメラを自粛。
代わりに去年おちょぼさんで撮った招き猫の写真でも。

2020年が皆様にとって良い年になりますように。

*Nikon D600 + Nikon Nikkor-H Auto 50mm f2*
 

▲TOP
DV62si
thomann S-75mkIIとBELDEN88760ケーブルを導入してから、また音楽を聴くのが楽しくなった。
良い情報をくれたPRO CABLEさんに感謝!

でも情報だけもらって、何も買わないというのはなんだか申し訳ない。
何か購入するものはないかとサイトを物色するうちに、面白そうなものを見つけてしまった。
16.5センチウーファーの小型スピーカー「BIC DV62si」

圧倒的な自信を持ってお勧めしてくるアンプやケーブルと違って、
DV62siの商品説明は「かなりの高音質」とやや控えめ。
でも紹介されているお客様の声はというと、アンプやケーブルと同様、

> 最高とは書いて無かったので迷っていたが、入手したら、最高のものだった!!

などと大絶賛だ。

うちにある4台のスピーカーは、
MIZUHO、INOUE、ミクセル、音工房Zと、
ガレージショップのフルレンジばかり。
かねがねメーカー製の2ウェイと聴き比べをしたいと思っていた。
同じブックシェルフで、価格はペアで27,000円。
こんなにちょうどいい聴き比べ用のスピーカーは他にないだろう。

191228_dv62si.jpg

そんなわけでやってきたDV62siは、幅22.7cm×高さ36cm。
横置きにしちゃってるから縦横逆だけどね(笑)

早速音を出してみる。

え?こんなもん?

なんだか音にキレがなくボーカルが引っ込んだ感じ。
悪くはないが、期待したほどの音ではない。

でも、しばらく鳴らしっぱなしにしていたら、だんだん鳴り出した。
おー!いいじゃん!いいじゃん!

PRO CABLEさんが推奨するだけあって、癖のないバランスの良い音。
上から下まで“かなり”リアルに楽器の音を再現してくれる優等生。
INOUEと比べると、生々しさ、細やかさ、音のキレが物足りないかな?
そのあたりが「かなりの高品質」という表現に留めている理由なのでしょう。
ただ本当に良い音。Z701-Modena BHBSminiよりは明らかに上。
この価格でこの音は素晴らしいんじゃないでしょうか。

このスピーカーを絶賛されている方は、それまでかなり残念なスピーカーを使っていたのでしょう。
それだけ音の良くないスピーカーが世の中に蔓延しているということなのでしょう。
そういうのを掴まされたくなかったら、やっぱりPRO CABLEさんに頼るべき。
改めてそう思わせてくれた、DV62siでした。

しかし、これでスピーカーが5台かぁ。
いくつか整理しなくては。年末だし。



 

▲TOP
やばいアンプ
最後にオーディオ関連の話をしたのは、2015年の12月31日
実はその前にもその後にもちょいちちょい中古オーディオに手を出していた。

アンプは、DENON PMA-940 → MARANTZ PM-5 → LUXMAN 58Aと移り変わり、
LUXMAN 58Aの記事を書いたのが2011年12月
実はその時点でさらに、MISSION CyrusとMISSION Cyrus Two を入手済みだった。
このCyrus Twoがいたく気に入って、メインアンプとして定着。
引き続きすぐに紹介するつもりだったが、なんだかんだと先延ばしにして8年…
もう8年!?すごいな!あっという間だな(笑)

*   *   *

で、今年2019年。
仕事で部屋にこもることが多く、また音楽を聴く機会が増えたので、
ちょっといいスピーカーケーブルを奢ってやろうと思い立った。
良いケーブルはないものかと調べていたら、PRO CABLEのサイトに行き着いた。
これって、以前にGE400さんが教えてくれたショップじゃん!
当時はスピーカーケーブルのページをさらっと読んだだけだったけど、
よくよく読んでみると恐ろしい情報量。そしていろんな意味で面白い。

このショップがイチオシしているアンプが、thomann S-75mk2
thomann?なにそれ?聞いたことないぞ…と思ったら、どうやらPA用のパワーアンプらしい。
価格を見ると…税込み29,300円。

は?

そんなに安いなら一度試してみよう。
と、いったんPRO CABLEさんのカートに入れた後、
念のためにヤフオクとメルカリを覗いてみると、

おー!けっこう出てるじゃん。

結局PRO CABLEさんで購入したという中古のS-75mk2をメルカリでゲット。
ついでにPRO CABLEさんおすすめのBELDEN 88760を買ってケーブルを自作。
スピーカーケーブルは、Western Electricの16GA単線をヤフオクでゲット。

結局PRO CABLEさんで何も買ってねぇ〜…ごめんなさい m(_ _)m

191221_thomann.jpg

そんなわけでやってきたthomann S-75mk2。
これはやばいです。僕の好みにぴったりの生々しい音。見栄えはアレですけども。

PRO CABLEさん、はまりそうです。
 

▲TOP
残留…
名古屋 0-1 鹿島



最終節も負けて13位。
ジョーはJ1フル出場で6ゴール…。
来季はディフェンスの補強をまじで考えてほしいっス。

おつかれさまでした!
 

▲TOP
勝てねぇ〜
磐田 2-1 名古屋



最下位の磐田にも勝てず…。

磐田の2点目がオフサイドなのはさておき、
その後のジョーと深堀が決められないのがいかにもグランパス。

残すは最終鹿島戦。来季につながる試合をぜひ。
 

▲TOP
祟り
先月から今月にかけていろいろあった。

10月15日(火)
夜間、仕事を終えて駅に向かって歩く途中、仕事中に出れなかった電話があったことを思い出して、バッグからスマホを取り出した。立ち止まればいいものを、歩きながら取り出したものだから、歩道の段差に気づかず足を引っかけてしまった。前方に倒れながら、左手のバッグ、右手のスマホ、どちらをあきらめて手を付くか検討した結果、どちらもあきらめられず、代わりにおでこで着地することにした。おでこでトンッとうまく着地できたと思ったのだが、思ったより勢いがついていたらしく、額と鼻を擦傷して血まみれに…残念!

10月27日(日)
午前中、実家の畑の横に立っていた木を、親戚のおじさんと一緒に伐採。午後は、伸び放題になっていた玄関先の松の木を剪定。夕方シャワーを浴びてから帰宅した。夜になって右肘の内側に謎の発疹が。死ぬほど痒くて眠れない…。作業中に何か変なものに触れたのか!?と思いネットで調べてみると、原因はチャドクガ。椿の葉に付く幼虫の毒毛が風に飛んで体に刺さると激しい皮膚炎を起こすらしい。そういえば、午前中の作業の後、汗だくの作業着を脱いでTシャツ姿で庭の椿の前を歩いたっけ。トホホ…。

11月4日(月)
額の傷がようやく塞がり、チャドクガの発疹も収まったので、たまには運動をしようと近所の公園でバスケットボール。開始から30分ほど経つと昔の感覚が戻り、だんだん調子に乗ってきた。そして、公園が整地されていないことをうっかり忘れたまま、公園の外に転がっていくボールを止めようとダッシュ!地面の段差に足をとられてグキッ!うわっ、捻挫!…と思ったけど足首はなんともなく、甲の外側あたりが腫れてきた。帰ってネットで調べると、第5中足骨の骨折っぽい。翌日病院に行くと案の定骨折だった。やっちまった…。

3週連続で身体トラブルが起きるとは、いったい何の祟りだろうか。それから約1ヶ月は松葉杖生活。幸い骨折は左足だったので、仕事はクルマ移動で何とか乗り切り、今日からようやく歩けるようになった。でも捻った時に筋を痛めたのか、1ヶ月使わなかったせいか、体重をかけるとまだ痛い。しばらくはリハビリ生活が続きそうだ。
 

▲TOP
アンタッチャブル
たまたまテレビを付けたらアンタッチャブルが漫才をしていた。

え!まじ!?

ちょっと前に24時間録画機能のついたテレビを買ったところだったので、
いったん見るのをやめて番組の頭から見直した。
しばらくしたら、ザキヤマじゃなくて小手伸也さんがザキヤマの格好で出てきた。

あれ?ただの見間違いだった?

と思ったら、その後、やっぱり本物が出てきた。おーーー!
めっちゃ面白かった。昔より面白かったかも。

ザキヤマさんも柴田さんもすげぇなあ。
アンタッチャブルすげぇなあ。
いいもの見せてくれてありがとう!
24時間録画機能ありがとう!

*   *   *

なんていう感じの気軽なブログを昔は書いていた気がするのだけど、
SNSの時代になって、ネットが個人の感想やら意見やらで溢れかえるようになって、
ひねくれ者の僕は書くのが嫌になってしまっていたのだけど…

アンタッチャブルをきっかけに、気軽なブログを再開しようかなと思っている。
とりあえずいまのところ。

それにしてもアンタッチャブル、まじで面白かったな〜。
 

▲TOP
やっと!!!
名古屋 3-0 神戸



やっと勝てた!…12位浮上で降格圏から脱出…かな!?

前田が2ゴール1アシスト。
決してあきらめず、常にゴールを目指す貪欲さ。
本当にいい選手です。
次節も期待してます!
 

▲TOP